fc2ブログ

記事一覧

今は鉄橋渡るぞと(122)高速自動車道橋

高速自動車道ではラーメン構造あるいは桁構造の高架橋が長距離にわたって普及している。これも、鉄道をメインに撮っていたら道路も入っていた…という代物がほとんど。1枚目: 中央自動車道の中央線相模湖駅付近。信州色115系の下り電車が発車していく。(2007年5月11日)2枚目: 高さのあるアンダートラス橋だが、これも中央自動車道の小仏トンネルー相模湖間付近。はるか下の谷底に中央線の115系が走っている。(2007年5月11日) 3枚目:...

続きを読む

今は鉄橋渡るぞと(121)海にかかる道路橋

海にかかる道路橋ということで、あえて集めているわけではないがたまたま撮った写真を集めて。1枚目: 青森県のシジミの産地、十三湖の入り口を横切る県道12号線の十三湖大橋。ここのひなびた景色は印象に残っている。(2005年10月23日)2枚目: 九州は天草市牛深町の港にかかるハイヤ大橋とそのループ状の取り付け道路。(2005年11月23日) 3枚目: 山口県は有名になってきた角島へ渡る角島大橋。エメラルドグリーンの日本海を渡る。(201...

続きを読む

今は鉄橋渡るぞと(120)海にかかる高速道路橋

海岸線などの狭い土地を走る最近の高速道では、海上にせり出して作られたものも多い。長いものはラーメン構造のものなども使われている。1枚目: おなじみの東海道の薩た峠。江戸時代の東海道から、東海道本線、国道1号線、東名高速道と幾多の交通の歴史を眺めてきたところ。遠くには富士山も眺められる、昔からの名勝地…。(2005年5月23日)2枚目: こちらは比較的新しい海にかかるラーメン構造の高速道路。場所は親不知の北陸自動車...

続きを読む

今は鉄橋渡るぞと(119)ラーメン構造①海にかかる鉄道橋

ラーメン橋といっても中華そばではない。橋の主桁と橋脚を剛接合して応力や変形を少なくしたもの。1枚目: 伊豆急の片瀬白田駅を海側から。春の嵐の日で、寒い1日だった。電車は親会社でもある元東急の8000系。(2009年2月25日)2枚目: 山陰本線の須佐―宇田郷間の惣郷川橋梁は半分日本海にかかっている。強風時など潮がかかるためにコンクリート製のラーメン構造にしたといわれる。(2021年11月19日)...

続きを読む

今は鉄橋渡るぞと(118)デッキガダー(34)日南線

南へどんどん下って宮崎のさらに南、日南線。南宮崎から、日南海岸を経て志布志までのローカル線。1枚目: 日南線の大堂津―南郷間の最河口にある細田川橋梁。中央の橋が日南線の橋梁で、後ろの島が虚空蔵島。遠くの島は大島。南郷城の山頂からのショット。(2021年11月19日)2枚目: 日南線の上記橋梁のアップ。ガダー下の島は七ツ島。この日は日南線が土砂崩れで運休中。いくら待っても列車はこない…。(2021年11月19日)...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。
ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。