FC2ブログ

記事一覧

俯瞰快感(35)信濃森上(大糸線)

久しぶりの俯瞰快感。これも過去もので恐縮だが、大糸線電車区間信濃森上-白馬大池間の白馬三山とのツーショットで有名な撮影地を望む、姫川の対岸からの俯瞰。撮影場所の道をさらに登っていくと棚田で有名な青鬼集落へ行ける。八方尾根のスキー場がバックに望める。この日は北アルプスの稜線は雲に覆われていたので、少しアップ気味に撮ってみた。晴れていれば中央に唐松岳などがばっちり見えるはず・・・。ふもとの村では桜が満開だ...

続きを読む

日本海と信越本線(その7)米山俯瞰

柿崎駅で北越3号に追い抜かれて、続行でやってきた1335M長岡行き普通電車。米山俯瞰ポイントにて。 (2011年3月24日撮影)1枚目: 実はこの写真の数分前からヘッドライトが見え隠れしている。おそらく柿崎駅を出てすぐから見えだすのであろう。2枚目: 米山駅にも停まって、再び近づいてくる。線路を守る大切な防波堤も一部が更新されているようだ。3枚目: 荒波と砂浜と115系新潟色混色5両編成。...

続きを読む

俯瞰快感(33)牟礼-豊野(信越本線)

信越本線の豊野-牟礼間はSL時代に何度となく訪問したところ。しかし当時は国道18号のバイパスのアップルラインもなく、足場もわからなくて線路際からの写真がほとんどで、俯瞰を考えることはなかった。http://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu/16540017.html最近何となく地図を見ていたら、鳥居川の渓谷沿いではあるが俯瞰できそうな場所を発見したので行ってみた。自由度が少なく応用は余りきかないが、冬場のみは何とか撮ることが...

続きを読む

俯瞰快感(32)山寺(仙山線)

芭蕉が奥の細道で感動した山形県の山寺 立石寺。列車で冬の東北、銀山温泉を訪れた時、山寺にも登ってみた。雪の山寺のしずかさは、芭蕉の「閑かさや岩にしみいる蝉の声」以上と思えた。上から眺める山寺の街と仙山線はなかなかの俯瞰だった。写真の右側が仙山線の山寺駅。しかし雪はどんどんひどくなり、かなりの寒さで、ここで電車が来るまで待てなかったのは残念だった。また機会があれば、ぜひここで撮ってみたい。(2004年12月...

続きを読む

森将軍塚俯瞰(長野新幹線)

あんずの里で有名な更埴市(現千曲市)屋代から森にいたる有明山に、最近になって森将軍塚古墳が発見され、国指定遺跡として再建された。この山の下を長野新幹線と上信越自動車道が走っていて、地図上では長野新幹線の他、しなの鉄道、長野電鉄屋代線、篠ノ井線、信越本線が俯瞰できるはずだ。亀三さまのアイデアで登ってみた。(2010年11月16日撮影)1枚目: まず有明山の屋代よりの一重山尾根(城跡)に入ってみた。新幹線の防音壁がか...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。