FC2ブログ

記事一覧

伊那の七谷(飯田線)

伊那谷では天竜川の右岸の河岸段丘上を飯田線が走る。中央アルプスから流れ出る川々は河岸段丘を深く切り崩していて、地元では伊那の七谷とよんでいる。段丘上を走る飯田線はところどころでこの谷を越えなければならないが、前身が伊那電鉄という私鉄だった飯田線、長大橋をつくる費用もなければ当時は技術もなかった。仕方なく、谷をU字型に下って川のそばまで下って、短い鉄橋で川を渡って、再び大地の上に登ってくる線形だ。七...

続きを読む

飯田線の電車たち

飯田市での所用の帰りに、飯田駅での飯田線の電車を撮影。(2011年3月5日撮影)1枚目: 飯田駅のホームでしばし停車中の119系。この554Mは岡谷発豊橋行きのロングランナー。205.2kmを5時間54分かけてすべての駅に停まりながら走る貴重な列車だ。2枚目: 119系の両運転台タイプのクモハ119 5102が側線で休む。3枚目: 長野色の115系も一部は飯田駅まで入ってくる。...

続きを読む

木曽谷の中央西線⑦中津川-美濃坂本

木曽谷の中央西線のラストはさらに南下して、中津川-美濃坂本間で。ここは大昔のD51時代に撮ったことのある、なつかしい場所だ。http://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu/17885466.htmlhttp://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu/17900052.html(2011年3月4日撮影)1枚目: 下り中津川行のセントラルライナー17号は、313系8000番台。2枚目: ステンレスの車体が夕陽にギラリ…。3枚目: オイルタンカー列車5875レのも夕陽に光る。(S撮影)4枚目:...

続きを読む

木曽谷の中央西線⑥田立-落合川

木曽谷をずいぶんと南下してきた。田立の滝で有名な田立を過ぎると中央西線も長野県から岐阜県に入り、山々もだんだんとゆるやかになってくる。木曽川も徐々に水をたたえてきた。(2011年3月4日撮影)1枚目: 田立-坂下間の木曽川を渡る上り普通電車。奥が木曽谷の上流方面。2枚目: U字の木曽川をすぐにもう一度右岸へ渡る。バックは恵那山。3枚目: 坂下駅のすぐ南側の鉄橋を渡る。旧の中仙道であろうか。中央線の手前にある古い石、...

続きを読む

三角の空木曽谷の中央西線⑤須原にて

須原駅俯瞰を線路際に降りたポイント。木曽三寺のひとつ有名な定勝寺の横あたりだ。(2011年3月4日撮影)1枚目: 下りの普通電車が日陰から飛び出してきた。左にある桜の咲いた時はすばらしいのであろう。2枚目: 須原駅を目指して走りゆく。バックは中央アルプスの木曽駒か。3枚目: 名古屋行きのWVしなの10号がやってきた。(S撮影)4枚目: 少し大桑方面に移動して、伊奈川鉄橋を眺められるポイントへ。WVしなの11号長野行き。5枚目: S...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。