FC2ブログ

記事一覧

北関東ドライブ(26)伊香保温泉の石段温泉街

伊香保温泉といえばやはり石段のある温泉街。朝食前のひと時に石段を散策してみた。 (2019年12月3日)1枚目: 今回は横手館が石段の上だったので、楽に下りで散策開始。2枚目: おなじみの見上げた感じの伊香保温泉の石段。射的屋さんの看板も見られ、昔の温泉街みたい…。3枚目: 朝の温泉街はほとんどお客さんがいなくて静かで悪くない。4枚目: 風情ある石段。5枚目: 石段の向こうに見えるは上州の子持山か。6枚目: 石段の途中、石段...

続きを読む

北関東ドライブ(25)伊香保温泉横手館

伊香保温泉は群馬県を代表する温泉地だが、温泉街の石段が風情があって有名。数ある旅館の中で木造4階建ての横手館に一夜の宿を取った。 (2019年12月2日)1枚目: 伊香保温泉の横手館は、木造4階建ての素敵な建物だ。2枚目: 細い温泉街の道に立つ木造4階建ての建物。奥の4階建ての旧館と手前の西館。迷わず大正ロマンの旧館の部屋を予約。3枚目: 旧館3階の角部屋に泊めていただいた。4枚目: 夜の和室の外側にある廊下(?)。まさに大正...

続きを読む

秘湯(24)蔦温泉(青森県)

蔦温泉は十和田湖のふもとの深い山々に囲まれた秘湯を守る会の一軒宿。平安時代にはすでに湯治小屋があったといわれる。温泉は無味無臭の単純泉で44℃。恒例の私流評価。雰囲気: 建物は歴史を感じさせるすばらしい一軒宿。温泉: 久安の湯は平安時代の由緒ある風呂。ゆったりと落ち着ける雰囲気で気分がいい。部屋: 別館に宿泊したが、昭和中期の造りそのもの。悪くはない。食事、もてなし: 普通。コスト: 9,000円台でリーズナブル。...

続きを読む

秘湯(23)下風呂温泉長谷旅館と秋祭り(青森県)

ここ下風呂温泉は秘湯とは言わないだろう。でも本州北端にある本格温泉。本州最北端下北半島の風間浦村、恐山のふもとにある津軽海峡を望む温泉街。旅館も10軒くらいあった。温泉は95℃の硫黄泉で、本格派。下風呂の語源はアイヌ語の「シュマフラ」で臭い岩という意味だといわれる。確かにこの温泉は海岸部によくある食塩泉でなく硫化水素泉でかなりの硫黄の匂いがする。ここでは最も由緒ある長谷旅館に泊まる。ここは井上靖が投宿...

続きを読む

秘湯(22)不老ふ死温泉(青森県)

秘湯にあらざる秘湯「不老ふ死温泉」。テレビなどで一躍有名になった不老ふ死温泉は、一度は行っておきたい温泉だ。日本海の荒波のすぐそばに露天風呂があり、夕陽を眺めるのに最高。荒天の時には湯船に波がかぶる。恒例の日本一周流評価は、温泉のロケーション: 旅館の専用口からサンダルで降りていく、海辺の露天風呂から眺める夕陽は最高の雰囲気。泉質: 茶色の食塩泉。コスト: 1泊2食13,000円台から。その他、建物の雰囲気、部...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。