FC2ブログ

記事一覧

火の見やぐら(380)前橋市宮城支所南

上神梅より県道333号に入って、ナビ頼りに大胡駅まで走る。途中、前橋市の宮城支所の南100メートルくらいの県道333号の三叉路にあった火の見やぐら。三脚無三型で、詰所には前橋市消防団第17分団1部とあった。(2019年12月2日)1枚目: 夕陽に浮かび立つ火の見やぐらは、三脚無三型。半鐘はないようだ。2枚目: 半鐘はないが、ホースフック、サイレンなど一通りのものはそろっている。火の見やぐらとしての機能は終えているが、消防団...

続きを読む

火の見やぐら(379)みどり市東町花輪

わたらせ渓谷鉄道の中野―小中間駅間の国道122号線のあった三ヶ郷バス停。その少し北にあった火の見やぐら。四脚六四型の、四脚に六角の屋根を乗せる珍しい火の見やぐら。(2019年12月2日)1枚目: 外ハシゴ式の、律儀な感じのする火の見やぐら。四角の見張り台が少し大きめだからだろう。(S撮影)2枚目: 見上げると。3枚目: 半鐘の代わりにモーターサイレンが下がっている塔頂部。(S撮影)...

続きを読む

火の見やぐら(378)日光市文挟岩崎

日光線文挟駅の東南東約700メートル付近の、県道70号と149号の合流点近くにあった火の見やぐら。 (2019年12月2日)1枚目: 四脚八八四型の大型の美しいやぐら。さすが、隣のごみステーションも大屋石造り。2枚目: 柿の実が美しい。3枚目: 塔頂部。半鐘はすでに撤去されているようだ。(S撮影)...

続きを読む

火の見やぐら(737)那須烏山市上川井801

那須烏山市上川井801あたりの県道25号線にあった火の見やぐら。さすが大谷石の産地の栃木県、火の見やぐらの器具庫にも大谷石製のものが多い。(2019年12月1日)1枚目: 県道25号沿いにあった四脚八八四型のりっぱな火の見やぐら。2枚目: 隣には器具庫が。那須烏山市消防団第5分団第4部とある。3枚目: 大谷石造りのデザイン性豊かな器具庫だ。4枚目: 半鐘は中段の踊り場の下にあって、唐草模様のオーナメンタルが凝っている。5枚目: ...

続きを読む

火の見やぐら(727)石巻市桃生町嶺前

気仙沼から前谷地まで行く気仙沼線BRTの車窓から捕まえた火の見やぐら。場所は石巻市桃生町嶺前の河北消防署桃生出張所の敷地内にあった。いずれもBRTの車窓から。 (2019年6月26日)1枚目: りっぱなホース乾燥塔の横にひっそりと建つ火の見やぐら様の塔。設備内容は幟で隠れてよくわからないが、三陸での貴重なやぐらだったので撮ってみた。2枚目: 交差点を曲がる前に、ちらりと見えた火の見やぐらみたいなもの…。半鐘はないようだ…...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。