FC2ブログ

記事一覧

山陰・長崎の旅(34)津山線

 今回の旅行の最後の訪問地は岡山県の津山市。ここでは旧津山機関区を利用した津山学びの鉄道館の見学と、市内の城下町の中にある古い木製の火の見やぐらなどが見どころだ。岡山から津山への往復の津山線の車窓から。(2017年11月29日) 1枚目: 貴重になりつつある117系を山陽本線の倉敷駅で。この車両はなかなかいい車両で、黄色一色ではもったいない…。  2枚目: 入線してくる津山線のキハ。架線の有無でずいぶ...

続きを読む

山陰・長崎の旅(30)福塩線と福山城、笠岡駅にて

 先晩の宿は福山駅前のビジネスホテル。今回の旅行の最終日は、元井笠鉄道の記念館と津山の町巡り…。(2017年11月29日) 1枚目: 福山のホテルの窓からの、福山城と福塩線、山陽本線の黄色一色の115系。  2枚目: 同、福山城の天守閣。常緑樹の中のメタセコイアと桜の黄葉が見事。  3枚目: 福山駅のホームにて、福塩線と福山城のツーショット。 4枚目: 通過していくEF210-300番台の山陽本線貨物列...

続きを読む

山陰・長崎の旅(20)駅の風景 益田駅(山陰本線)

 石見津田駅付近で撮影後はタクシーで益田駅へ戻り、スーパーおき3号で新山口、博多経由で長崎へ向かう。(2017年11月27日) 1枚目: 益田駅舎。この駅は島根県西部の中心駅、コンクリート2階建ての立派なものだ。  2枚目: 跨線橋も古いもので、なかなかいい感じだ。  3枚目: 2番線に停車中の浜田行きキハ126系普通列車。キハ126は窓が大きくクロスシートを採用していて、急行列車があればそれにも使え...

続きを読む

山陰・長崎の旅(19)日本海バックの山陰本線

 石見津田―益田駅間で列車の走行写真を、小1時間ほど…。今回は駅から徒歩のために、2年前のこの駅間での撮影https://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/13052373.html?type=folderlistよりずっと石見津田駅に近いところで。(2017年11月27日) 1枚目: 石見津田駅を発車する益田行きのキハ126系快速アクアライナー。海岸近くの山でも紅葉するんだ…。  2枚目: オレンジ色の雲州瓦の石見津田の街並みを駆け抜ける。&...

続きを読む

山陰・長崎の旅(18)駅の風景 石見津田駅(山陰本線)

 益田で2時間ほど時間が取れる。このあたりで駅から歩いて行ける駅近で走行風景を撮れるところ、できれば美しい日本海をバックに…との希望で探していたが、益田から1駅戻った石見津田駅付近が良かろうと、普通列車で1駅戻ることとした。(2017年11月27日) 1枚目: 石見津田駅舎。この駅は何かと縁のある駅だ。実は2000年10月の山陰乗り鉄旅行中、突然の鳥取県西部地震で乗車していたキハ58の普通列車がこの駅を出たところ...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。