FC2ブログ

記事一覧

きのくに名勝<紀勢本線 2>

撮り鉄はじめての紀勢本線で、とりあえず有名な鉄道撮影地を訪ねた。しかし大雨警報の中いろんなトラブルもあり、なかなか満足できるものとはいかなかった。(2009年9月28日,29日)1枚目:紀の国の海岸線を走る紀勢本線。温泉での休日の思い出を乗せて大阪へ帰るくろしお24号。都会ではしっくりこないスカイブルーも青い海にはぴったりのカラーだ。岩代-南部間。2枚目:岬を廻るオーシャンアロー17号。岩代-南部間。3枚目:木の国紀勢本...

続きを読む

ワイドビュー南紀<紀勢本線>

予定を早めに切り上げて、熊野から450kmを走って帰ってきました。集中豪雨にたたられて国道42号線が7時間も通行止規制され、相賀俯瞰も土砂崩れで途中までしか上れず、家内も体調を崩し散々でした。とりあえず1枚だけアップさせていただきます。宮川を渡るワイドビュー南紀3号です。(2009年9月29日紀勢本線三瀬谷-滝原間にて)...

続きを読む

あの日の寝台特急「富士」

福岡西方地震の余震で出鼻をくじかれたフルムーン九州乗りつぶしツアーだったが、久留米からの九大本線完乗をもってとりあえず(長崎市電と家内の一部を除いて)全国完全乗車完了。大分駅で家内とビールで乾杯し、帰途につくこととする。最後の列車は、大分からの寝台特急「富士」。この年3月のダイヤ改正で「さくら」の廃止に伴って「富士・はやぶさ」の並結となった。翌朝には無事横浜に到着した。しかしこの時、4年後にこの列...

続きを読む

あの日の寝台特急「あさかぜ」

2005年3月1日をもって49年間の長きにわたり走り続けた寝台特急「あさかぜ」が姿を消した。あさかぜは寝台特急の第1号として1956年に東京-博多間にデビュー。当初は10系軽量客車で編成されたが、1958年には20系客車に置き換えられEF60が牽引して、名実ともにブルートレインとなった。走るホテルと呼ばれて人気を博した。私は正直、廃止まであまり関心があるとは言えなかった。高価すぎる列車で乗ることは...

続きを読む

あの日の寝台特急「あかつき」

2005年4月19日、リタイアー記念にフルムーン切符で九州の乗りつぶしをしようと、家内とともに倉敷から寝台特急「あかつき」に乗った。寝台車の乗客は1両に3組しか乗っていない。まるで空気を運んでいるようだった。朝6時頃まどろみの中、列車が急ブレーキで停まった。そして全く動く気配がない。車外は明るくはなっているが、視野が悪い掘割の中での停車でここはどこかわからない。時間からすると博多駅は過ぎているはず...

続きを読む

ワインぶどうの収穫

北信濃小布施から須坂、高山村にかけて最近ワインを目的とした欧州系のワイン専用ぶどうが栽培される。日本産のシャルドネとかカベルネソービニオンで、フランスワインに遜色ないものがここ数年楽しめるようになってきた。ここの地域は、ワイン用ブドウの大敵である雨が少ないこと、松川の扇状地で砂礫の土壌であること、日照が充分あること、寒暖の差があることなど、日本の中ではワイン用ブドウにあった環境である。巨峰のように...

続きを読む

秋の千曲川を遡るローカル線

秋のある午前、千曲川に沿って遡上する飯山線の長野行きキハ110(130D)イベント列車通過後、あらしの後の静けさ。(2009年9月20日蓮-替佐間にて)1枚目:陽の影の端をゆく。ゴトゴトと部落の踏切を渡って…。2枚目:箱庭のような集落を抜けて…。3枚目:千曲川に沿って遡上。国道の軽トラにどんどん差をつけられて…。4枚目:アスパラカスの畑をぬけて…。5枚目:猫の額ほどの水田のそばをとおって、ゆたかな千曲川渓谷をカタコト長野をめざ...

続きを読む

10,000件アクセスありがとうございました

本ブログ「風、土、植物とレイル」もおかげさまで5か月ちょっとで訪問者1万件を達成させていただきました。皆様のご厚情を感謝するとともに、今後ますます精進いたしたく存じますので、今後ともよろしくお願いいたします。どうもありがとうございました。記念の1枚は「みのりの秋のローカル線」という題で、9月20日に飯山線替佐-蓮間で撮ったものです。後追いで、若干トリミングさせていただいています。稲刈りが終わったたんぼ...

続きを読む

旧型客車の点描

9月19日と20日、飯山線に高崎の旧型客車3両による「飯山線全通80周年号」が運転された。森宮野原で停車中の、客車を中心としたのスナップ。(2009年9月19日撮影)1枚目:県境の山合いの駅に停まる旧型客車3両。森宮野原。満員の乗客は、駅の外でもてなしを受けている。2枚目:スハフ42-2173のデッキ部。トイレの丸い窓が華やかなりしころの東北線の客車列車を思い起させる。背もたれの通路側の枕?もなつかしい。3枚目:スハフ42。広角の...

続きを読む

飯山線全通80周年号(その3)

飯山線全通80周年号(その3)。2日目(9月20日)の下り1ヶ所と初日の停車中の風景など。1枚目:20日は好天。替佐-蓮間の俯瞰ポイントで。黄金色の水田とススキと農家と千曲川、役者はすべてそろった。2枚目:同。集落入り口の踏切をわたって飯山をめざす。3枚目:19日森宮野原駅に停車中の飯山線全通80周年号全景。4枚目:満開のススキに旧型客車がよく似合う。5枚目:DD16-11号機アップ。6枚目:19日上り、越後鹿渡-津南間のSカーブに進入。...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。