FC2ブログ

記事一覧

風前のともしび中央線201系②

昨日(10月30日)は、201系が2編成とも実働に入っているとの情報で撮影に出かけた。(実は夜の飲み会に引っ掛けて)かつて中央線を占拠していたオレンジの201系も残りわずかで、日によって異なるが1~2編成が1~2時間おきにやってくる程度。それも長くても来春までといわれている。(2009年10月30日撮影)1枚目:まずは東京駅の神田寄りダブルクロスを通過する201系H4編成。今日は59T運用で、15:00ごろ東京到着。折りしも保線の徒歩点検の...

続きを読む

あの日の寝台特急EF81牽引「あけぼの」

上越、羽越線経由で上野-青森間776kmを走る寝台特急「あけぼの」。長岡-上野間の牽引がEF81からEF64になってから久しい。風雪など条件の悪い時に上越国境を走るのにEF81では心もとないとのことで、今年EF64-1000番台にバトンタッチされた。赤い交直機が上野に入るのはやはりいい。私にとってEF64は貨物機のイメージがぬぐいきれない。EF81牽引の「あけぼの」の思い出。1枚目: 秋の早朝、上野を目指してラストスパートのEF81-138号...

続きを読む

野岩鉄道と日光線の秋風景

去年の撮影になるが、日光と会津を結ぶ第三セクター路線野岩鉄道とJR日光線の秋のスナップ。(2008年10月18日撮影)1枚目: 野岩鉄道川治温泉-川治湯元間の鬼怒川の大鉄橋を渡る6050系電車。橋はコンクリート製でかなりの高さがある。山陰本線の餘部鉄橋も掛け替え後はこんな光景になるのだろうか?。紅葉には少し早いようだ。2枚目: 日光線今市-日光間。日光街道の杉並木を背に日光を目指す107系の4両編成。かつては有数の観光路線だ...

続きを読む

秋の善光寺平をゆく長野電鉄

長野から長野電鉄で7番目に朝陽駅という小さな駅がある。このあたりは市街地と田園風景とが混ざり合ったところ。りんご畑はまだない。信州大附属小中学校や長野市民病院も移転してきており、いつまでこの田園風景が続くことやら…。 (2009年10月21日撮影)1枚目: 長野を出るとしばらく地下区間が続き3駅目の善光寺下を過ぎて始めて地上へ出る。電車はしばらく住宅地帯を走り、朝陽駅あたりで田園地帯となる。附属中学前-朝陽間を8500...

続きを読む

冬の準備完了<篠ノ井の除雪車>

EF64 0番台がいなくなってガラーンとした塩尻機関区篠ノ井派出。廃止閉鎖のうわさもちらほら。秋のある日に、ここでは除雪車の準備が完了していた。飯山線が除雪車から排雪モーターカーに変わるとの話もあるが、この時点では一応皆元気そうに待機していた。(2009年10月21日撮影)1枚目: DD16-303除雪列車。3両セットで303号機。塗装したててピカピカだ。2枚目: DD16-301の正面プラウ部分。雪を飛ばして視界を確保する4つの旋回窓が...

続きを読む

大糸線秋のキハ52

セピア色の大糸線運転の朝、南小谷以北の非電化区間のキハ52に会いに行った。本命のセピア撮影がかなり混雑する予想もあって余り十分な時間はとれなかったが、秋の姫川渓谷を走る2往復の列車を撮影でき、たんのうした。(2009年10月24日撮影)1枚目: 420レ。南小谷-中土間。きれいなSカーブではあるが、手前の電線が気になる。画像処理で消せるのかな。まだヘッドマークがついている。2枚目: 南小谷-中土間の超有名ポイントでの423レ...

続きを読む

神無月の庭

もうじき霜が降りるだろう神無月10月の、N邸の植物。(2009年10月下旬 長野市にて)1枚目:赤く染まったニシキギ(or コマユミ?)の葉の上で、愛をささやく? or 縄張り争いでにらみ合う? カメムシの仲間。2枚目:小鳥さん、早くたべてよ。種まきできないよ。ニシキギのはじけた実はすでにしぼんできた。3枚目:秋に、可憐にひっそりと咲くお茶の花。4枚目:スズランの花のようなストロベリーツリーの花。ツツジの仲間らしいが、でもな...

続きを読む

飯山線の秋色俯瞰

只見線訪問の午前中、飯山線の気になっていた俯瞰ポイント2ヶ所を訪れた。(2009年10月25日撮影)1枚目:千曲川を渡る国道292号線の橋梁と朝日を浴びたディーゼルカー。かろうじて水鏡らしきものも。替佐-蓮間。2枚目:新潟県に入り足滝-越後田中間にて。キハ110見えますか。3枚目:2枚目と同じ列車のアップ。これだけの時間にカメラの設定替えはきつい。あわてて川がどこかへ飛んで行ってしまった。山間部の紅葉はきれいだ。...

続きを読む

磐西・只見ぐるり一周号

今日は新潟県の只見線へ磐西・只見ぐるり一周号を。キハ58と52の混合編成ではあるが、国鉄色はやはり落ち着く。(2009年10月25日撮影)1枚目:地図で良さそうな場所として入広瀬-上条間を選ぶ。小手調べに上りの定期列車を。とはいうもののこの路線では昼間3往復しかない貴重な列車だ。この色も2輌揃うとなかなかきれいだ。2枚目:磐西・只見ぐるり一周号がやってきた。国鉄色はいい。手前の草のため、最後部は日陰に入ってしまった。3...

続きを読む

セピア色の大糸線

セピア色の大糸線を撮ってきました。天気予報では快晴のはずが、現地では一日中しっかりした曇り。新雪のきた北アルプスとのからみを期待して行ったのだが、空振り。でも、朝は原色キハ52も撮れたし、紅葉はちょうど真っ盛りで、楽しい休日だった。(2009年10月24日撮影)1枚目: 下りのセピア色の大糸線は、信濃森上-白馬大池間の有名撮影地で。しかしメーンスポットからは少し外れて、農家と白馬三山を主に。立派な農家がのどかな田...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。