FC2ブログ

記事一覧

朝霧の特急街道<北陸本線>(3)

さすがは特急街道、雷鳥以外にも次々と優等列車がやってくる。寝台特急日本海と681 or 683(?)系の特急群、および貨物列車。(2010年2月26日撮影)1枚目: 朝霧の中、今庄-南今庄間を寝台特急「日本海」が上ってくる。青森を昨晩出発してようやくここまでやってきた「日本海」。ほとんどの乗客はすでに目覚めたころであろうか。2枚目: 南今庄駅に入る。霧とハイビームに撃沈。3枚目: 今日はEF81 106号機が牽引だ。4枚目: 霧の今庄-南今...

続きを読む

朝霧の中名残りの雷鳥<北陸本線>(2)

雨の北陸線、大糸線訪問の2回目。まずは北陸トンネルに近い福井県の南今庄付近。ここはまだ雪が残っており、そこに10℃以上の気温の温かい雨が降ると雪の多いところだけ濃霧が発生する。そんな中での雨に打たれての撮影は結構厳しかった。でも、残りわずかで激減する雷鳥はどうしても押さえておきたい。(2010年2月26日撮影)1枚目: 早朝の今庄-南今庄間を行く雷鳥4号。青色のヘッドマークが輝かしい。2枚目: 雨で手持ちのため水平が...

続きを読む

朝霧の中を<北陸本線>

北陸線、大糸線シリーズから先ほど帰りました。写真はまだ整理中ですが、とりあえず1枚だけ公開させていただきます。北陸本線敦賀-南今庄間の北陸トンネルの南今庄より短いトンネルを出る419系普通電車です。トンネル内面に光って反射したヘッドライトが面白い表情を出していると思います。(2010年2月26日早朝)...

続きを読む

跨線橋(15)<直江津駅>(信越本線,北陸本線)

久々の跨線橋シリーズ。今回は信越本線直江津駅。今でこそ日本海縦貫線で富山方面から長岡方面直通がメインのような感じがするが、もともとは高崎から長野、直江津を経て長岡、新潟までの信越本線がメインで、そこに米原からの北陸本線が終点としてつながっている感じだった。実際、直江津駅の1番線は北陸線専用のホームで、京都駅の山陰線ホームのように駅舎から右に離れたところにある行き止まりの線だ。さて跨線橋だが、写真の...

続きを読む

鉄道防雪林

今ではあまり見られなくなった鉄道防雪林。地吹雪による吹きだまり防止やホワイトアウト対策のため、雪国の多くの場所の線路に沿って針葉樹の林が植えられていた。樹種は成長が早くて、雪に強くて、冬も葉が多い杉などが多かったようである。今は大雪が降ると列車を止めて機械や人海戦術で除雪する。防雪林は木さえ植えて適切な管理をすれば自然に列車を守る。ずいぶんとエコで環境にやさしい方法だと思う。信越本線、羽越本線、奥...

続きを読む

500本記事記念 <EH500 1号機>

数日前にふと気付いたのだが、今日このブログで500本目の記事だ。それで、金太郎EH500の1号機を。東京口最後となった500系新幹線という選択肢もあったが、去りゆくものより1号機が前向きでいいのかな…と。EH500の1次形の塗装は黒い部分が多く、精悍な感じがする。撮影は2009年8月17日の東北本線豊原-白坂間にて。おそらく4087レだったのではと思う。お盆休みのため単機だった。これからも皆様に愛されるブログを心がけたいと思いま...

続きを読む

雪晴れ飯山線(5)

スノーエクスプレス十日町の撮影がてら雪晴れの飯山線を撮影。横倉の撮影で今回は折り返して信濃白鳥付近でロケハン。スノーエクスプレス十日町は西大滝で、さらにもう一度上境オメガ付近と替佐俯瞰で撮影した。どういうわけかここでは家内の写真のほうがうまく撮れていたなぁ。(2010年2月20日撮影)1枚目: 雪の奥信濃を走る131D。バックの広葉樹と針葉樹の対比がおもしろい。信濃白鳥-平滝間。(S撮影)2枚目: 青い空と陽光の飯山線...

続きを読む

雪晴れ飯山線(4)

スノーエクスプレス十日町の撮影がてら雪晴れの飯山線を撮影。信越県境に近い横倉付近にて。このあたりは飯山線でももっとも積雪の多い豪雪地帯。日本最高積雪記録7.56メートルの森宮野原もこの隣の駅だ。(2010年2月20日撮影)1枚目: 上境の後は横倉付近へ移動。十日町からの166Dが水路橋の下の築堤をかけ降りてくる。森宮野原-横倉間。2,3枚目: 横倉集落の水路の水が流れ込むたんぼのみはすでに雪は解けている。そこだけはまるで早...

続きを読む

雪晴れの飯山線(3)

スノーエクスプレス十日町の撮影の際に雪晴れの飯山線をのんびり撮影。(2010年2月20日撮影)1枚目: 北飯山-信濃平間の水田地帯を行く128D。後ろの山は戸狩スキー場か。中腹に漂う雲は早春の風情がある。2枚目: バリ順(バリバリの順光)のキハ110 233+230?。3枚目: 上境-上桑名川間に移動。今回は有名な俯瞰でなく接近戦で。千曲川に沿ってスノーセットの連続する飯山線をやってきたは単行の長野行き164D。4枚目: 上境-上桑名川間の...

続きを読む

雪晴れの飯山線 (2)

「スノーエクスプレス十日町」の撮影に合わせて、冬晴れの飯山線を朝から散策。同じ長野県の北信に位置しても、大糸線と飯山線はずいぶん異なる印象だ。その雰囲気の良さは優劣つけがたい。どちらがお好きですか。(2010年2月20日撮影)1枚目: 替佐-蓮間の127D。冬枯れの落葉樹の林が朝日に照らされて美しい。朝の上り長野行きは飯山線ではめずらしいキハ110系の4連。2,3枚目: 雪が少し残ったSカーブが何とも言えないくらい魅力的。1...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。