FC2ブログ

記事一覧

猿が森のヒバの埋没林(青森県東通村)

埋没林を御存知でしょうか。太古の森林が、海や川あるいは火山活動や砂によって生きたまま埋まってしまい、それが後世に現れたもの。富山県魚津の海に沈んだ杉の埋没林が有名であるが、青森県には砂丘の砂に埋まったヒバの埋没林がある。ここは青森県東通村猿が森地区。尻屋崎から原発街道の六ヶ所村に行く途中の県道沿いの看板を見てちょっと気になって寄ってみた。かつて下北半島一帯はヒバの大森林地帯だったが、2,500年前から...

続きを読む

尻屋崎(青森県)

青森県の尻屋崎は斧の形をした下北半島の北東の先端。津軽海峡と太平洋の潮の変わり目で濃い霧の発生する場所のため、海上交通の難所だった。江戸時代にはこちらを避けて西回り航路(北前船)で江戸までの物資は運ばれた。(2010年10月13日撮影)1枚目: 日本でも最大級の規模の尻屋崎灯台。光度53万カンデラってどれくらいなんだろう。2枚目: 灯台のまわり一帯が馬の放牧場となっている。本州最涯の地尻屋岬の碑もある。放牧されている...

続きを読む

青森⑮東北本線(その2)千曳俯瞰

東北本線乙供-千曳間の有名S字ポイントから少し北に行ったところに新しい農道ができた。農道が東北本線を跨ぐ橋は随分高いところを通っていて、この橋の上からのプチ俯瞰撮影ができる。直線部と、Sカーブが見下ろせるなかなかのお手軽ポイントだ。でもこの場所は長大編成が似合うなぁ。12月4日からはこの場所もJRの手を離れる。特急も北斗星などを除いて走らなくなる。(2010年10月13日撮影)1枚目: 上り572M普通電車はE701系。青い...

続きを読む

秘湯(23)下風呂温泉長谷旅館と秋祭り(青森県)

ここ下風呂温泉は秘湯とは言わないだろう。でも本州北端にある本格温泉。本州最北端下北半島の風間浦村、恐山のふもとにある津軽海峡を望む温泉街。旅館も10軒くらいあった。温泉は95℃の硫黄泉で、本格派。下風呂の語源はアイヌ語の「シュマフラ」で臭い岩という意味だといわれる。確かにこの温泉は海岸部によくある食塩泉でなく硫化水素泉でかなりの硫黄の匂いがする。ここでは最も由緒ある長谷旅館に泊まる。ここは井上靖が投宿...

続きを読む

青森⑭廃線跡下北交通(旧大畑線)、未成線跡大間線

2001年に廃止された下北交通は旧々国鉄大畑線。大湊線の下北駅から大畑駅まで旧国鉄キハ22を改造したキハ85が走っていた。さらに終点大畑の先には下北半島の先端大間までの未成線 大間線が計画、建設されていたが戦時中の資材不足などから未完成に終わり、その残骸が残っている。計画では大間-戸井間を連絡線で結び、第2の北海道ルートとなる計画だったという。http://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu/17399567.html(2010年10月12, ...

続きを読む

青森⑬東北本線(その1)西平内

12月4日の新幹線新青森開業開業にともなうダイヤ改正で東北本線八戸-青森間が第三セクター青い森鉄道に移管され、寝台特急を除くスーパー白鳥、白鳥、つがるなどの特急電車のこの区間が廃止になる。これらを抑えておくことが今回の撮影の主目的。浅虫温泉に近い夏泊半島の付け根部分の西平内-小泊間は田園が広がる広々した場所。最後ののびやかな特急を撮ってみたかった。しかし、次に大湊線の撮影が控えていて時間が十分取れず、...

続きを読む

嵐の前の静けさ

台風14号が近付いているらしい。その影響かどうかわからないが、今日(29日)の長野市の夕焼けはすさまじかった。美しいというか、不気味というか…。(2010年10月29日長野市にて撮影)...

続きを読む

青森⑫大湊線(吹越)

大湊線吹越(ふっこし)駅に近い、はまなす公園付近の砂丘の中の線路。晴れていれば陸奥湾の向うに夏泊半島や下北半島恐山の山々が浮かぶところ。時刻は夕刻。うーん、だがなかなかうまく撮れない…。 (2010年10月12日撮影)1枚目: 静かな陸奥湾と夏泊半島を背に、夕刻にやってきた大湊行き3731D。2枚目: 夕陽を受けてのキハ110系。雲の切れ間ごしに美しい光芒が差し込む。3枚目: 同。(S撮影)4枚目: そして走りゆく。こちらのバックの...

続きを読む

青森⑪大湊線(有戸付近)

今回の旅行は家内の希望で尻屋崎に行ってみたいということで下北へ。途中、陸奥湾に沿って走る大湊線をはじめて2か所で撮ってみた。12月からはリゾートハイブリッドあすなろが走るこの線だが、今はキハ110系ばかり。でも陸奥湾の海岸線に沿った茫洋とした風景の中を走るキハは、何とも言えない独特の明るささえ感じるところだった。 (2010年10月12日撮影)1枚目: すすきの原をやってきた734D快速しもきた青森行きはキハ110系。さす...

続きを読む

青森⑩五能線(その6)津軽川部のりんご畑

ここ津軽の川部ではやはり赤く色づいたりんごと津軽富士岩木山とリゾートしらかみを狙ってみたが、なかなか難しく失敗に終わった。もう少しロケをして撮影場所を探せば良かったのだが…。(2010年10月14日撮影)1枚目: 真っ赤に実ったりんごの中、リゾートしらかみ1号の「くまげら」がやってきた。これは12日に驫木-風合瀬間で撮った列車だ。何とか岩木山もバックに入ったが、頂上は雲の中。2枚目: 津軽富士を犠牲にしてアップで。黒...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。