FC2ブログ

記事一覧

庭の野鳥 ヒヨドリ

大雪が降ってからはや2週間も土や草を見ていない。小鳥たちも餌を探すのに一生懸命で、人を恐れずに庭に降りてくるようになった。ヒヨドリ、ムクドリ、スズメなどなど。ヒヨドリには、雪の上にでる南天の実も格好の食糧のようだ。枝にとまって、赤い実をついばむ。2枚目は良く見ると南天の実がくちばしにはさまっている。3枚目は、開いたくちばしの上に赤い実がうまくのっかっている。何を楽しんでいるのかな。(2011年1月30日撮影)...

続きを読む

長野電鉄都住の冬景色①

高山村で所要後、少し時間があったので小布施の北の都住-桜沢間の踏切で夕陽の長野電鉄を撮ってみた。(2011年1月28日撮影)1枚目: 夕刻、西日の中を3500系がやってきた。西日にステンの車体が光る。2枚目: 順光の後追い。北信濃の雪山が美しい。3枚目: 次にやってきたのは上りのゆけむり号。スノーモンスターのラッピングはない方がいいなあ。汚らしい感じがする…。4枚目: 後追いの夕陽ギラリ。シンプルな踏切警報機が厳しい冬の旅...

続きを読む

冬の朝

冬の朝。この朝は長野市内でも-9.1℃。昨日はしっかり晴れたので軒にはつららがいっぱい。上信の山々から上ったばかりの太陽にきらりと光る。…余り光っていないか…。素人剪定のもみじにも朝日が。(2011年1月29日朝)...

続きを読む

485系ジョイフルトレイン②NO DO KA

前回の同テーマhttp://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu/18246785.htmlの時出し忘れた485系ジョイフルトレインからNO DO KA号を。サロ189からの改造であるが車体はほとんど新製同様ときく。改装当時はシルフィードという名ででていたが、2001年秋の再改装後NO DO KAに。NO DO KAは乗ったことはないが、JR東日本新潟支社所属のオールカーペット+座イス電車らしい。場所は記録がなかった奥に419系が止まっていることから、間違いなく信...

続きを読む

路面電車北~南へ(48)熊本電鉄路面区間

熊本市電ではないが、熊本電鉄にも道路併用区間がある。藤崎宮前-黒髪町間の短い区間だが、元都営地下鉄の6000形などの大型電車が狭い道路上のS字を曲がりくねって走っている。(2004年11月20日撮影)1枚目: 藤崎宮前-黒髪町を走る元都営地下鉄三田線6000形の6221A。2, 3枚目: 1枚目の写真から藤崎宮前方面に少し歩くと熊本電鉄の有名ポイント道路併用区間がある。この区間を歩いたのだが、残念ながら時間が十分取れなくて電車が走る...

続きを読む

雪中のワイン用ブドウ

雪に埋もれたワイン用のぶどう畑。残念ながらマイぶどうではなく、指導いただいている先生関連のぶどう畑。今は雪に埋もれて震えているが、3月には去年の枝をすべて剪定されて、雪と寒さに耐えた木は5月には新しい芽と枝を伸ばし始める。(2011年1月20日撮影)...

続きを読む

路面電車北~南へ(47)熊本市電

路面電車シリーズ(書庫:路面電車北~南へ)も47回で九州熊本市まで南下してきた。あとはここ熊本と鹿児島のみ。熊本市電は大正13年からの営業で、市交通局の経営。現在は田崎橋-熊本駅前-健軍町のA系統と、上熊本-辛島町-健軍町のB系統の2系統で運行されている。(2004年11月20日撮影)1枚目: 1095の上熊本行きと1200形の田崎橋行きが続行運転中。1090形は昭和30年の東洋工機製。長老だが7輌が活躍中。2枚目: 9204は熊本県警のラッピ...

続きを読む

旧宇和島軽便鉄道1号機レプリカ

ドイツコッペル社製のBタンク機関車が宇和島駅前の広場に保存されていた。説明板を読んでみると、旧宇和島軽便鉄道の1号機のレプリカで、全長10.8mの実物大模型。宇和島軽便鉄道は、レール幅762mmの軽便で大正3年に宇和島-近永間が開業。後に吉野生まで延伸された。昭和8年に国有化され宇和島線に、さらに昭和16年には1067mmに改軌されて、この時宇和島駅分岐であった路線を経路変更し北宇和島駅分岐となった。さらに昭和49年には...

続きを読む

今昔物語(12)信越本線北長野-三才間

地方都市の近郊の都市化は著しい。ここ長野市近郊信越本線北長野-三才間も1966年当時は水田とりんご畑が続く農業地域だった。今では国立長野高専や住宅、工場などができてすべて家で埋まった。45年間の時の流れ極端に大きく愕然とするばかり。撮影したポイントですら今住宅で立ち入りできなくなっていた。(モノクロは1966年1月、カラーは2011年1月20日撮影)1枚目: 1966年、りんご畑の中をD51 405と後向きに連結されたD51重連の牽引...

続きを読む

雪の信州④信越本線

村山橋の後は北長野の長野電鉄と信越線との交差するあたりへ。ここは私の鉄道写真の発祥の地だ。さすが半世紀近くたつと新幹線ができて、りんご畑だった場所がビッチリと住宅が立て込んでいる。「今昔物語」をねらったが不成功に終わった。(2011年1月20日撮影)1枚目: 北信濃の雪景色の中を長野新幹線が基地から長野駅まで回送されていく。残念ながら車体の半分は見えない。高山村の扇状地が雄大にひろがる。中央の鉄塔のある山が山...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。