FC2ブログ

記事一覧

信州 高山村のしだれざくら

信州高山村は、日本一周がワイン用ぶどうをつくっている村だが、ここにはすばらしい一本桜が至る所にある。(2011年4月28日撮影)1枚目: 山の中腹にある赤和観音のしだれだくら。やや赤めの強い花色だ。(S撮影)2枚目: 同。カラマツの新芽はこれからのようだ。3枚目: 自然に作られた美しい枝ぶりも見事だ。4枚目: 少し移動して水中のしだれざくらを。このしだれは花が少し少ないが幽玄な感じだ。(S撮影)5枚目: 同、青い空をバックに。...

続きを読む

鹿児島から札幌へ(22)サンドイッチ城下町杵築①

豊後の京都といわれる杵築の城下町。山の上に2つの武家屋敷があり、それにはさまれた谷に商人の町があることからサンドイッチ型城下町といわれている。きれいに復元されたいい街だ。(2011年4月12日撮影)1枚目: 杵築城側の入り口は勘定場の坂。馬に乗って階段を上下できるように幅広の階段だ。2枚目: 勘定場の坂の途中、桜の花が満開だ。3枚目: 石垣と土塀が印象的。(S撮影)4枚目: 勘定場の坂に続く北台武家屋敷。5枚目: 勘定場の坂...

続きを読む

鹿児島から札幌へ(21)杵築の春②

杵築築堤の続き。場所を移動すれば俯瞰など色々なアングルでの撮影も可能と考えられる場所だが、レンタサイクルもなくて乗り鉄途中の撮影ではなかなか思うに任せなかった。でも、ここの菜の花は1日撮っていても退屈することはなさそうだった。(2011年4月12日撮影)1枚目: のびのびと広角気味でソニックを。2枚目: このソニックも鉄橋上で後追い。この位置からの883系はずいぶんとひしゃげて見える。3枚目: バックの山々にはヤマザク...

続きを読む

信州 須坂市、高山村のさくら

北信濃のソメイヨシノはすでにピークを過ぎているが、美しい1本桜がいたるところにある。ソメイヨシノの集団は豪華絢爛だが、しだれざくらなどの1本桜はそれ以上の風情と美しさがある。何かを語り掛けられるような感じもする。この日、須坂市の山手と高山村の桜も標高の低いところではちょうど満開を迎えたようだった。(2011年4月28日撮影)1枚目: 須坂市亀倉の無名の桜。桜の上の雪山は北信五岳のひとつ妙高山。左が黒姫山。この日...

続きを読む

鹿児島から札幌へ(19)杵築の春①

今日の唯一の撮影地と観光地の杵築市。下車後、徒歩で撮影地へ移動。明るい春の太陽が燦々と射し、満開の菜の花を浮かび上がらせる。最高にいい気持ちだ。(2011年4月12日撮影)1枚目: 杵築駅南側のカーブ築堤にて。まずはアウトカーブで883系ソニックを。2枚目: 続いて下りのソニックは885系白いソニックだった。3枚目: 鉄橋上にて見送る。4枚目: インカーブに移動して815系普通電車を。黄色い菜の花、青い空、白と赤の電車は色彩的...

続きを読む

鹿児島から札幌へ(18)日豊本線の朝陽

翌日は、早朝のにちりん2号で大分へ。大分でソニック18号に乗り換えで杵築(きつき)まで向かう。にちりん2号も787系だった。(2011年4月12日撮影)1枚目: 朝6時前、日向灘から朝陽が昇る。宮崎駅の高架ホームからの日の出。2枚目: 高鍋付近の小丸川河口と日向灘。にちりん2号車窓から。3枚目: 車窓から見える旧リニアー実験線は使われなくなって、ソーラーパネルが置かれていた。つまらない写真で失礼。4枚目: 大分駅でソニック18号に...

続きを読む

春、長野の庭の花

北国信州の春はにぎやかだ。ソメイヨシノが満開になる頃、我が家の庭も花に包まれる。(2011年4月24日撮影)1枚目: 野村モミジは新芽と同時に花も咲くのだ。知らなかった。これはつぼみ。2枚目: 野村モミジの花。(S撮影)3枚目: 暖かい地域ではクリスマスに咲くといわれるクリスマスローズ。ここ長野ではずっと雪の下に入っており、ここへきて花をつける。4, 5枚目: ハナモモの照手(てるて)。白花で簡素な感じだが、花自体はなかなか...

続きを読む

鹿児島から札幌へ(17)787系きりしま

新幹線開業により余剰となったリレーつばめの787系が日豊本線鹿児島中央-宮崎間の「きりしま」に回ってきた。九州から485系を駆逐したにっくき(?)やつだ。(2011年4月11日撮影)1枚目: 隼人駅に入ってくる787系のきりしま14号は4両編成。2枚目: 787系グリーン車内部。かつて鹿児島本線をつばめ号で俊足を誇った787系は、ここでは線路が悪いためか常にノロノロ運転だ。3, 4枚目: 宮崎駅に到着したきりしま14号。ちょうど夕陽が霧島山...

続きを読む

跨線橋(74)隼人駅(日豊本線)

日豊本線と肥薩線の接続駅の隼人駅。鹿児島県霧島市にある。今人気の観光特急「はやとの風」の名前はここから取られたらしいが、元をただせば隼人塚(どんないきさつか知らないが)がここにあるからといわれる。(2011年4月11日撮影)1枚目: コンクリートとスレートの、なんともまあ実用一点張りの跨線橋。単に存在するだけではないよとばかり、朱色で書かれた駅名が派手だ。(S撮影)2枚目: 停車しているのはキハ147+40の肥薩線吉松行き...

続きを読む

屋代線沿線のさくら

鉄なしで、長野電鉄屋代線沿線のさくらを。(2011年4月24日撮影)1枚目: 長野県農業大学校(元総合農業試験場)のさくら望遠。ほんとはこの線路に屋代線の3500系を入れるつもりだったのに…。2枚目: 農業大学校のさくらから飯縄山を望む。飯縄の雪もだいぶ少なくなってきた。3枚目: さすが元農業試験場、モクレンと色々な花の桜が。4枚目: こんなピンクのさくらも。5枚目: 夕刻の大室温泉(大室俯瞰の撮影場所)から、千曲川と長野市街地...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。