FC2ブログ

記事一覧

石の鐘

北信濃の片田舎の230年前に建てられたお寺の鐘つき堂に吊るされているのは…なんと大きな石。ついても、当然音は鳴らない…。信濃町の中野市との境に近い小さな集落 富濃。その寺は「称名寺」で、浄土真宗本願寺派のお寺だ。昭和17年第二次世界大戦の際に鐘を国に献納させられ、門信徒の手によって戦地に送られて行った。そして門信徒は寺の近くにあった石をそこに吊るした。映画「夕焼けこやけで ~石の鐘のこだまは…~」のテーマ...

続きを読む

朝、田植えが終わったばかりの越中富山の水田を前線通過の強風が吹きぬけていく。風を写すのはなかなか難しい。大抵、無風の水鏡を撮って逆説的に表すことが多いが、この時はすごい強風で、もろに風を水面で撮ることができた。(2009年5月22日撮影)1枚目: 水田に大切な水を送る用水にも容赦なく風が吹き付ける。水面は、まるで踊っている洗濯板だ。2枚目: 強風で隅に押しつけられたような田んぼの水。植えつけられたばかりの早苗も...

続きを読む

梅雨の花

長野でも一昨日から梅雨入りしたらしい。例年よりも10日以上早いとのこと。ちょっと気が早いかもしれないが、梅雨入りしてうっとうしい中で輝く花は、あじさい。過去ものではあるが、瑞々しいあじさいを2題。あぁ、箱根登山鉄道、行きたいなぁ。...

続きを読む

強力な助っ人

我らがワインヤードの苗木の植え付けは今佳境に入っている。今日は強力な助っ人4人が登場。共同経営者でブログ友植物と料理と生物防除のお話しさまとその仲間、遠くカリフォルニアからたまたま東京出張で来ていて話を聞いて応援にきていただいたRandyさん。皆さん東京からマイカーや新幹線で駆けつけていただいた。Randyさんは日本一周が現役時代に米国でのカリグリーンというグリーン農薬の開発にたいへんにお世話になった方。今...

続きを読む

長いも畑と3500系

昨日に続いて妻女山俯瞰。やや北へ振ると長野市街地方向。一面の茶色の土地は植え付け前の長いも(とろろ芋)畑。ここは千曲川の河川敷に近いところで、川のもたらす肥沃な沖積土を利用した土地は長いもの栽培に好適。美味しい松代の長いもとして珍重されている。電車では岩野-象山口間。(2006年2月11日撮影)1枚目: 屋代線の手前は上信越自動車道。右の立派な橋などが人の動線の変化をもたらし、屋代線の廃線を早めたのか…。2枚目: ...

続きを読む

妻女山俯瞰(屋代線)

多分、俯瞰できるかなと思いつつ、実現しなかった長野電鉄屋代線の妻女山俯瞰。雨上がりの朝、ようやく実現した。妻女山はご存知川中島の戦いで上杉謙信が陣を張ったところ。電車では岩野-象山口間。(2006年2月11日撮影)1枚目: 横位置では屋代線をいく3500系と善光寺平と北アルプスが一望できる。2枚目: 縦位置で、電車とアルプスをアップしようとしたが失敗…。...

続きを読む

初夏の長野電鉄屋代線(1)

季節ごとの長野電鉄屋代線をコツコツ撮っておきたいと思いつつも、なかなか進まない。もうすっかり初夏になってしまった。雨宮-岩野間にて。(2011年5月24日撮影)1枚目: 圧倒されるような初夏の里山をバックにコトコトと走る屋代線3500系。2枚目: 小さな踏切と。3枚目: 後追いは飯綱山をバックに。すっかり雪がなくなった飯綱山の雲が切れない。あら、自分の車も入っちゃった…。...

続きを読む

りんごの花が散りました

ついこの間まではりんごの薄べに色のかわいらしい花をみていたと思っていたら、すでにすっかり青い葉に変わってしまった。通農の途中の踏切で車の中からブレーキぺタルを踏んだままのずぼら後追い…。でも、季節の移ろいは十分に感じられる。 (2011年5月21日長野電鉄須坂-北須坂間にて撮影)...

続きを読む

駅の風景 海士有木駅(小湊鉄道)

房総半島のローカル私鉄小湊鉄道にはすばらしい駅舎がたくさん残っている。始発の内房線五井駅からたった2つ目の駅、海士有木駅(あまありきえき)も例に漏れない。なつかしい昭和を感じさせる駅だ。(2006年2月11日撮影)1枚目: 海土有木駅舎。ローカル私鉄らしくこじんまりとした木造駅舎は、旧国鉄のものと異なりわが地元の駅という感じだ。2枚目: 素朴な駅名表と改札口。3枚目: なつかしい切符売り場と改札口。4枚目: ホーム側から...

続きを読む

ブルーベリーの花

庭のブルーベリーの花が咲いた。サラサドウダンとよく似た花だが、どちらもツツジ科ということらしい。毎年花は咲くものの、実はほとんどダメだ。自家受粉能力が低く2本植えるといいとのことで、ハイブッシュ系とサザンハイブッシュ系を並べて植えてみたが、今のところさして改善の気配はみえない。少しピンクがかった鈴蘭のような花はやはりかわいい。...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。