FC2ブログ

記事一覧

あの日の…キロハ25とマヌ34(名古屋機関区)

C57オンパレードのそばには55系気動車の1等2等合造車キロハ25が休んでいた。関西本線の急行(準急?)かすがや鳥羽行の急行に使われたのであろう。2等車部分はなんとバス窓だ。1~5号の一次タイプ。(1967年10月許可を得て撮影)1枚目: キロハ25 4全景。1等車部分の座席のシートカバーがあこがれ…。しかし当時は1等車といえども冷房はない。2枚目: キロハ25 4の後ろにはなつかしいオート三輪も。庫の中にはキハ28(?)が待機している。機...

続きを読む

屋代線最後の夏

最後の夏となってしまう長野電鉄屋代線。今日は篠ノ井での所要の折、2時間ほど時間がある。まだ撮ったことのなかった象山口駅付近へまわってみた。天気もまずまずで、緑に埋まった夏らしい画になった。電車は冷房のない3500系O編成の屋代行き411レ。ホームで待つ人は誰もいない…。最高気温は32.4℃の、残暑厳しい日だった。(2011年8月30日撮影)...

続きを読む

あの日の…C57オンパレード(名古屋機関区)

名古屋へ就職して一段落した秋の日、笹島の先にある名古屋機関区を訪問してみた。かつて東海道本線が蒸気機関車だった頃はおそらくC62などの大型機がごろごろしていたのだろう。しかし1967年では寂しくはなっていたものの、関西本線旅客列車用のC57がずらっと並んでいた。 (1967年10月許可を得て撮影)1枚目: 余分なものがついいない名古屋のC57はすこぶる美しかった。C5732+C57?+C57?。2枚目: 公式側からも。黄金陸橋をバックに。...

続きを読む

8月末のわがワイン用ぶどう園

わがワイン用ぶどう園のぶどうも、夏の太陽をいっぱい受けてすくすくと育っている。背丈ももう2メートルを超えたものもある。あまり伸びすぎてもしょうがないので、1.5メートルくらいで頭を止めて枝を太らせる。頭を止めると、親の敵という感じで、どっと脇芽が出てくるのだ。今日は早朝から、牡蠣殻肥料の投入。とりあえず株元に一握りくらいパラパラと与える。天然のカキ殻を粉砕したもので、今年の成長にはほとんど影響ないが、...

続きを読む

屋代線をゆく2000系②

昨日に引き続き屋代線をゆく2000系団臨列車の、戻りを須坂-井上間の鮎川鉄橋付近にて。このポイントも、私的にはもっとも屋代線らしい場所のひとつ。とても夏らしい、いわば最後の夏という感じで仕上がった…。(2011年8月28日撮影)1枚目: 13時13分過ぎ、須坂駅車庫見学を終えたお客さんを載せて百々川鉄橋を渡り築堤を快走してきた2000系。青空いっぱいの入道雲も夏らしい。2枚目: 鮎川鉄橋を渡る。もう少しだけ時間が遅ければ、サ...

続きを読む

屋代線をゆく2000系①

今日、東武トラベル主催の団臨で長野電鉄の廃車決定している2000系D編成りんごちゃんが、これまた廃線が決定している屋代線を走った。地元にいればこれは撮っておかざるを得ない…。もっとも屋代線らしいところで撮ってみたいと考えた末、大室俯瞰へ出かけた。天気にも恵まれ、貴重なきれいな記録を残すことができた。(2011年8月28日撮影)1枚目: 自分の中ではもっとも屋代線らしいところ、大室俯瞰にて。名残りの夏雲をもう少し強調...

続きを読む

あの日の…森宮野原にて(飯山線)

この写真の時こそ、はじめての乗り鉄・撮り鉄だと思う。長野から、特に目的を持たずに飯山線の長野県最北端の駅森宮野原駅まで乗車。千曲川沿いを走ること約2時間、森宮野原に到着。森宮野原は日本最高積雪の駅として有名。積雪7.85メートル以上の記録がある。今は駅前に記念のポールがあるが、当時は長野寄りのトンネル脇にあったという。(1961年8月撮影)1枚目: 乗車した列車はC56 101の牽くオハ61+オハニ61。森宮野原駅にて。ホ...

続きを読む

ナナカマドの紅葉

信州高山村の道路沿いに、何本かのナナカマドが植えられている。夏の雨の中、少し気が早いが、そのうちの数本の紅葉が始まっていた。それにしてもちょっと気が早すぎるのではと思われるが…。ひょっとすると本来の紅葉ではなくて、植物個体の生育上の事情とか、生理障害かもしれないけど…。もう秋はそこまで来ているなぁ。(2011年8月23日撮影)...

続きを読む

あの日の…雪の中の長野電鉄

43年前、北長野付近の信越本線でEF62貨物を撮った後、数百メートル移動して長野電鉄の信越線をまたぐ高架橋へ。雪は激しくなってきて、カメラが濡れる。200ミリの望遠では、雪で電車もはっきりしない…。最近のこの場所は、下記のページの2枚目の付近で、カーブしているところが同じ部分。http://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu/18878781.htmlしかし同じ場所のイメージは全くない。それもそのはず、電車の横を流れる浅川は、当時は...

続きを読む

実るほど頭を垂れる稲穂かな

長野電鉄の附属中学前の有名ポイントにて。ここは今年の田植えの時に撮って以来か。8月中旬以降あまりぱっとしない天気ではあるが、稲穂は確実に黄色く実りつつある。(2011年8月25日撮影)1枚目: まだ突っ立っている稲穂もあるが、かなり垂れつつある…。上信県境の山々には雨雲が立ち込めている。電車は上り8500系長野行き。2枚目: 黄金色の水田の隣りには、エコファーマーで栽培している○○の畑がある。この作物、何が取れるのだろ...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。