FC2ブログ

記事一覧

あの日の…名鉄三河の秋

今から43年前の名鉄電車風景。もちろんすでに真紅のパノラマカー7000系も闊歩していた時代だが、これには目をくれずに渋い旧型車を。場所は写真ネガの前後から判断すると美合~名電山中あたりだと思われるが、はっきりは覚えていない。(1968年11月3日撮影)1枚目: 秋の三河路を走る3500系3502の準急豊川行。色はおそらく濃い緑一色だったような気がする。当時はこんな電車も地下の新名古屋駅に乗り入れていた。架線柱もずいぶんとあ...

続きを読む

屋代線妻女山俯瞰

この日は天気もよさそうで、長電バス主催の2000系屋代線のイベント3回目もひょっとしたら走るかもしれない…。そうだ。長野電鉄屋代線の差女山俯瞰へ行ってみよう…。ここは妻女山展望台から林道を車で少し入ったところ。イノシシやシカに気をつけながら待つこと数分、須坂行きの3500系がやってきた。(実際、戻りの林道で林に逃げ込むシカ(?)を見た)残念ながら、2000系臨時電車はこの日も催行中止だった。(2011年9月18日撮影)1枚目: ...

続きを読む

あの日の…名鉄犬山橋と国宝犬山城

名鉄犬山線が犬山遊園-新鵜沼間にある木曽川を渡る犬山橋。かつては道路併用橋で有名な場所であった。パノラマカーなどの大型電車が橋の中央を走り抜け、両側を車が遠慮がちに走っていた。犬山遊園駅側からの併用橋の写真は多くの傑作が公開されていたが、写真はちょっとイメージを変えて木曽川河原から犬山橋と犬山城をとらえてみた。木曽川で川遊びするアベックや家族連れが、休日の午後を楽しんでいる。名鉄電車の形式は残念な...

続きを読む

大笹波棚田(石川県富来町)

能登半島の棚田といえば白米の千枚田があまりにも有名だが、ほかにも2か所程度が日本棚田百選にリストアップされている。そのうちのひとつが富来町の大笹波棚田。能登半島の西側、ヤセの断崖のそばにある。台風15号の土砂降りの雨の中での訪問。 (2011年9月20日撮影)1枚目: 展望台から見た大笹波棚田全景。直線的に区画整理されていて面白味は少ないが、比較的大規模な緩い傾斜の棚田だ。2枚目: すでに稲刈りは終わっていて、一部...

続きを読む

輪島駅跡の道の駅ふらっと訪夢

旧のと鉄道七尾線の終点輪島駅。さらに古くは国鉄七尾線の終点だった。しかし2001年にのと鉄道の穴水-輪島間の廃止に伴い廃駅になった。列車が能登半島の山を下って日本海に突っ込むような形のところにあった駅だった。当時の駅舎はすでに解体され、駅跡は道の駅輪島「ふらっと訪夢」として整備されている。しかし、昔の面影は全くなくさびしい限りだった。 (2011年9月21日撮影)1枚目: 道の駅の建物をくぐると踏切とプラットホーム...

続きを読む

台風の中を邁進するEF81貨物列車

台風15号の余波の中を、北を目指して邁進する貨物列車3091レ。牽引間はEF81 404号機。富山区の所属としては十分に手入れされてすこぶるきれいな車だ。北陸本線はやはり日本の物流の大動脈だと感じる。西高岡-高岡間にて。(2011年9月20日撮影)1枚目: このあたりは水田ばかりかと思ったが、だいぶ大豆への転作が進んでいた。きれいなEF81と前の部分の比較的そろったコンテナーが美しい。2枚目: 後追いも一枚…。...

続きを読む

シャルドネの収穫始まる

白ワイン用ぶどうシャルドネの収穫が信州高山村で始まった。今年は天候に恵まれて2009年と同じような当たり年となりそうとのことで、どこのぶどう園も活気づいている。わがぶどう園は今年植えた苗のため今年は収穫できないが、今日は私の栽培の先生でもあるW氏の農園で収穫のお手伝い。収穫はやはり心躍る作業だ。 (2011年9月26日撮影)1枚目: 透明感が出てきて、いい色に色づいたシャルドネ。糖度も20度以上に上がってきて酸分も残...

続きを読む

万葉線街中俯瞰

この日は氷見の民宿を予約してあった。氷見といっても富山県と石川県との県境、富山湾に面する狭い平地…。交通は国道160号線しかない。それも海面からそう高くないところを海岸線に沿って走る。この日台風15号による高波で唯一の道路の国道が通行止めになって結局行けず、キャンセル。代わりに高岡市内のアパホテルへ転がり込む。翌朝、ホテルの7階の部屋の目の前を走る万葉線の路面区間を撮る。いわば街中俯瞰だ。なかなか良い眺...

続きを読む

異なる重量レールの継ぎ目

レールの太さ(高さ)には、50kgレールとか30kgレールとかいわれる規格がある。おそらく1メートル当たりの重量で表すらしい。当然レールの踏み面は平らでなければならないが、異なる規格のレールの継ぎ目ははどうなっているのだろうか。実はレイアウトを作るとき、どうしたらいいのか悩んだことがあった。答は意外と身近なところにあった。写真は長野電鉄本郷駅構内の本線。地下部へ通じる重量レールと地上部の従来の軽量レールが見...

続きを読む

台風下での七尾線

七尾線は北陸本線の津幡から和倉温泉までのローカル線。普通列車は金沢-七尾間を主として運転。七尾-和倉温泉間はのと鉄道の列車が逆乗り入れしている。特急列車は日に6往復が和倉温泉まで、大阪、名古屋、越後湯沢から乗り入れている。電化されているが、どういうわけか直流電化。宝達駅付近に天井川のトンネルがあって、その下をくぐるので絶縁の関係で直流にしたともいわれている。今回は電化後の初めての七尾線の撮影。(2011年...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。