FC2ブログ

記事一覧

あの日の…陸中大橋④Ωカーブを登ってくるD50旅客列車

陸中大橋駅前の山によじ登って、上の段でもう少しねばって頑張ってみた…。(1965年8月8日撮影)1枚目: しばらく待つと釜石方面からD50牽引の普通列車が軽めのドラフトの音を響かせて上ってきた。この場所の特徴を出すために、上の鉄橋の線路を近景にしてみたが、いかがであろうか。2枚目: 陸中大橋駅を発車してΩトンネルを抜けて上の段に現れたD50250牽引の旅客列車。シールドビームに変更されてはいるが、長野と比べると細身の集煙...

続きを読む

雨上がりの奥信濃をゆくキハ110系

奥信濃の、トタンをかけたわらぶき屋根の農家の合間を縫ってゆくキハ110系。日本の原風景のようだ。飯山線西大滝駅付近にて。(2012年7月21日)1枚目: 家の横の猫の額ほどの田んぼ。このあたりでも専業農家は少ない。父ちゃんは街へ働きに出て現金収入を得ている…。それでも、ばあちゃんとかあちゃんできちんとお米を作っている。静かに走っていく十日町行き列車。2枚目: 土砂降りの雨が上がった。川霧がどんどんと上がっていく。傾...

続きを読む

あの日の…陸中大橋③Ωカーブ俯瞰

陸中大橋駅前の下から撮っているうちに、上まで登って俯瞰してみたくなった…。炎天下、戦後まだ木々が完全に伸びていない山をよじ登って、上の線路近くまで登ってみる。(1965年8月8日撮影)1枚目: アンダートラス橋の途中まで登ってみた。トンネルを抜けて鉄橋にさしかかるキハ25系の普通列車を。橋のスケールの大きさが感じられる。2枚目: さらに上まで登ってみると…こんな感じ。下り準急(?)のキハ58系がやってきた。3枚目: この準...

続きを読む

信越山線の越後・信州ぐるり一周号④関山-二本木間鉄橋

越後・信州ぐるり一周号の2日目の最後は妙高高原から新潟へ向かう列車を、関山-二本木間の中郷区松崎地区の片貝川(?)の鉄橋で。(2012年7月22日撮影)1枚目: 豪雨は上がった。清涼感を求めて、上越市松崎地区の小鉄橋にて。沢音が賑やかで、突然画面に現れる列車に緊張のし通し…。2枚目: 同、S撮影。3枚目: 目前の築堤を下って。4枚目: 松崎の集落へ入っていく。この先に旧北国街道との踏切がある。(S撮影)...

続きを読む

あの日の…釜石線陸中大橋②

あの日の…釜石線陸中大橋②釜石線の陸中大橋駅前に立ち、前を見上げるとΩカーブのトンネルを抜けた線路がはっきりと見える。1か所で2回以上撮れるおいしいところだ。(1965年8月8日撮影)1枚目: D50の牽く下り列車が山を下ってきた。この右にあるΩカーブトンネルを抜けると陸中大橋駅。2枚目: 朝陽にきらり輝くキハ普通列車。3枚目: アンダートラスの鉄橋を下ってくる準急(?)。右に写るは下の陸中大橋駅の信号機。4枚目: Ωカーブを曲...

続きを読む

信越山線の越後・信州ぐるり一周号③雨の片貝俯瞰(二本木-関山間)

越後・信州ぐるり一周号の2日目は長野から一旦直江津へ。直江津から妙高高原までひきかえしてくる回送列車を、二本木-関山間の片貝俯瞰で待つ。あいにく列車通過時はご覧のごとく豪雨。 (2012年7月22日撮影)1枚目: 豪雨の中、山の間の棚田から顔を出した越後・信州ぐるり一周号。2枚目: 晴れれば素晴らしい景色なのだが…。3枚目: 豪雨の中の気動車。4枚目: 最短距離をゆく。頸城の散村をバックに。5枚目: この位置で晴れれば妙高...

続きを読む

あの日の…釜石線陸中大橋①

前日の一ノ関駅から大船渡線で気仙沼へ。気仙沼は何はともあれ漁港へ向かい、何とはなしに港から連絡船で向かいの大島へ渡って、何にもないので大島のてっぺんの亀山へ登ってみた。いい景色だった。そのあと陸前高田へ。ここから国鉄バスに乗って住田経由で、釜石線の上有住駅へ着いたころは日が落ちていた。この夜は釜石の駅前旅館で1泊。翌朝、再び戻って陸中大橋のΩカーブと釜石鉱山を撮りに陸中大橋へ。 (1965年8月8日撮影)1枚...

続きを読む

信越山線の越後・信州ぐるり一周号②妙高高原-関山間

この冬に特雪を撮ったところhttp://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/2627889.htmlの少し関山寄りの水田が開けた場所あたりで、越後・信州ぐるり一周号を。このあたりが冬には信越国境でもっとも積雪が多いところだ。この季節はバックの妙高高原の山々が緑豊かだ。(2012年7月22日撮影)1枚目: 緑いっぱいの森を抜けてきたタラコ色のキハ47。(S撮影)2枚目: 緑の棚田をゆっくりと下ってくる。3枚目: 目の前を通り過ぎて…。4枚目: 踏切...

続きを読む

あの日の…一ノ関の86とC58

東北本線一ノ関駅付近でC61の列車を撮った後の、その他の何枚か。(1965年8月7日撮影)1枚目: 一ノ関駅構内で入れ替えにいそしむ8620形38675号機か?テンダー後部はゼブラマーク、テンダー横には安全第一のミドリ十字が…。テンダーの色も黒でなくて明るい色だったような気がするが?。上の工事中の橋は気仙沼街道(国道284号線)の立体交差か。2枚目: このC58はどこで撮ったか記憶がない。フィルム順からすると大船渡線の貨物列車のよ...

続きを読む

信越山線の越後・信州ぐるり一周号①善光寺平のキハ47

「越後・信州ぐるり一周号」の2日目は、長野から一旦直江津へ、ここで妙高高原までひきかえして改めて新潟へ向かう。飯山線と同じく妙高高原-直江津間は1.5往復走ることになる。信州の電化区間をゆったりと走るキハ47の3連は、とても興味深い列車だった。まずは信州らしいということで、善光寺平の三才-豊野間のりんご畑で。 (2012年7月22日撮影)1枚目: 昨日の荒天とは一転、天気もまずまず。とりあえず直江津を目指す。2枚目: ...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。