FC2ブログ

記事一覧

城戸ワイナリー

城戸亜紀人氏の城戸ワイナリー。彼は塩尻のワイン会社に勤めていたが、夢である自分の味のワインを造るため独立したという。Project Kと名付けられたその作戦は2001年春に自社農場に苗を植え、2004年3月よりワイナリー建設工事を着工し、翌年完成。現在、城戸氏は日本の若手有名醸造技術者の一角。http://www6.plala.or.jp/kidowinery/畑ではカベルネソーヴィニヨンの収穫をしていた奥様とお話ができた。最近はリリースとともに即...

続きを読む

名山と鉄道(22)八ヶ岳と中央線

久しぶりの名山と鉄道シリーズ。八ヶ岳は長野、山梨県境にある赤岳(2899m)を主峰とする8峰の総称。20代のころ、ふもとの美しの森にキャンプして朝3時に出発して日帰りで登った山。しんどかったなぁ…。列車も含めて今も変わらぬ情景であろうが、コンパクトカメラ銀写真のスキャンのため不鮮明で申し訳ない。(1998年1月2日撮影)1枚目: 日野春-穴山間での115系長野色。2枚目: 穴山駅の跨線橋から。...

続きを読む

高岡山瑞龍寺

高岡駅の南1.5㎞にある禅宗曹洞宗のお寺高岡山瑞龍寺。加賀藩の二代目藩主前田利長をとむらうために、息子によって建立されたという。長い間、敷地の切り売り、農地改革での提供などにより荒れたままになっていたが、江戸初期の禅宗寺院建築として昔のままに復元され、平成9年に山門、仏殿、法堂が国宝に指定された。(2012年10月6日)1枚目: 瑞龍寺へ向かう参道。前田利長の場所との間をつないでいる。2枚目: 重要文化財の総門。3枚...

続きを読む

あの日の…木曽路のD51旧客に乗車

あの日の夏の日、田立の滝とその奥のシャクナゲいっぱいの天然公園にハイキング。その帰りに中央西線田立駅から乗ったD51重連の牽く客車列車を撮影。(1970年8月某日 撮影)1枚目: 旧の田立駅ホームで撮ったD51792+D51の牽く名古屋行きの普通列車。この列車に乗車して名古屋まで戻る。当時の田立駅は現在より南木曽寄りにあって、複線電化のためのトンネル工事が始まっていた。2枚目: 田立駅で下り塩尻方面行き列車とすれちがい。こ...

続きを読む

満月がいっぱい

今夜、ちょっと外へ出ると近所の家の屋根にたくさんのLEDランプがついたように光っている。まだクリスマスはしばらく先だし…。どうしたのだろうかとよく見てみると、上空には月齢14.6のほぼ満月が煌々と輝いている。棚田に写る田毎の月はこのようにはいかないだろうが、瓦にはこんなにたくさんの月が写るんだ…。(2012年10月29日撮影)...

続きを読む

駅の風景 水橋駅(北陸線の車窓から)

北陸本線の普通電車の車窓からの水橋駅。アルミサッシ化されてきれいに改装されているが、昔の面影を残す駅舎と跨線橋だ。北陸らしいうわ薬がしっかりかかって水の浸透性を減らした黒い艶のある屋根瓦が印象的だ。駅舎に一体化したホームの屋根の柱もすてきだ。ホームにはJRのFRP製ベンチでなく、木製のベンチを置きたい感じだが…。(2012年10月5日撮影)...

続きを読む

サンクゼール ワイナリーの見学と醸造講座

高山村ワインブドウ研究会醸造部会主催で、飯綱町のサンクゼール ワイナリーでの現地勉強会が開催された。一般の見学コースでなくて、サンクゼールの農場長の池田さんからこと細かく説明いただく。見学、説明後は、チャペルに近いサンクゼールレストランで懇親会。サンクゼールさん、池田さん、ありがとうございました。(2012年10月6日撮影)1枚目: 除梗機。ここに収穫されたぶどうの房を入れて、果実の粒だけを分離する。2枚目: コ...

続きを読む

あの日の…木曽路の列車たち

倉本-上松間の木曽谷をゆくD51、DD51列車。(1972年1月16日撮影)1枚目: やってきたのは、ドラフト音とともにでなくてエンジン音のDD51単機の旅客列車。1両目にはマヤがつながっている。電化工事が進捗していて、コンクリートの架線柱が立ちはじめていた。2枚目: 坂を下ってくるD51245の牽く上り貨物列車。何となくのどかな光景だ。3枚目: 雪が残る谷あいの斜面を登ってくるD51貨物列車。...

続きを読む

峠の国盗り綱引き

長野県の県境が1メートル静岡側に…。浜松と飯田の境の兵越峠で、28日仮想の領土を懸けた綱引きが行われた。遠州軍(浜松)と信州軍(飯田)の勝負で、勝った方が県境を1メートル動かせる。今回は信州が勝利して、遠州側へ進出したと。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121028-00000052-jijp-soci.view-000...

続きを読む

駅の風景 跨線橋 富山駅仮跨線橋

現在、富山駅は新幹線工事と在来線も高架化のため仮ホームで営業している。完成後は富山地鉄も高架化されて、高架の下を通る富山ライトレールと地鉄市内線との直通運転も計画されている。さらに富山地鉄上滝線のライトレール化も計画されていて、岩瀬浜から岩峅寺まで直通で行けるのだろうか?。さすが路面電車先進県の富山県だ。さて現在の富山駅跨線橋は、在来線を北に移設した仮ホームにあった。仮とはいえ、なかなか魅力的ない...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。