FC2ブログ

記事一覧

渋谷にて 東急東横線(3)出電車、入電車

  東横線渋谷駅のホームの横浜寄り先端で、渋谷駅に出入りする電車を。 出船入船ならぬ、出電車、入電車。 電車が東急と横浜高速の2種類だけなのがちょっとさびしいが…。   この線路も来年から電車が走らなくなる。 (2012年11月11日)     1枚目: 横浜の元町・中華街を目指して出発する特急電車5166。 (513)   2枚目: 複雑なクロスを通過して入線してくる各駅停車と、ちょっと古びた街並み。(506)   ...

続きを読む

晩秋の朝の飯山線(2)笠倉

  22日の記事 http://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/7751271.html とほとんど同じところで家内の撮影。   早春と夏のここでの風景は、 http://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu/12562108.html http://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/6321862.html 季節によってずいぶんと雰囲気が変わってくるものだ。 (2012年11月20日)     1枚目: 長野行きの普通列車。キハ112-210などの4連。(S撮影)   2枚目: 後追い...

続きを読む

渋谷にて 東急東横線(2)

  東急東横線の駅の風景。 (2012年11月11日)     1枚目: 東横線渋谷駅の5番線降車ホームもやはりカーブしている。 監視員が常時安全を確認している。  2枚目: しばしの間だけ、がらーんとした5番線ホーム。 相当な急カーブで運転士と車掌だけでは乗客の安全を確保できない。  3枚目: 空いている席を求めて、前へ前へ…。  4枚目: 左方向へ行く線路のない東横線渋谷駅も、あと数か月…。  5枚目: ...

続きを読む

武蔵野線の秋晴れ

  秋晴れの武蔵野線東浦和-東川口間、見沼田んぼの風景。 PLフィルター無しでも、おそろしく碧い空だった。 しかし、残念ながら富士山は見えなかった…。 (2012年11月9日)     1枚目: 大きな見事な形の1本樹と205系。(S撮影)     2枚目: 見沼の湿地を流れる芝川を渡る。 水鏡失敗。(S撮影)   3枚目: 送電線鉄塔と武蔵野線。 18mm広角では編成がゆがんでしまう…。  4枚目: ねぎの畑を...

続きを読む

農民ドライ2011(ココファーム)

  足利市のココファームワイナリー http://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/6663127.html 8月に訪問した時買った白の農民ドライ2011。   農民ドライは軽めでスッキリと飲める、手ごろな価格の白ワインを目指して北海道と山形のぶどうからつくられている。 シャルドネ46% ケルナー35% ミュラー・トゥルガウ 13% リースリング・リオン 1% その他 5%のブレンドだそうだ。   このワインは、鶏肉や魚、チーズなどの軽...

続きを読む

渋谷にて 東急東横線(1)

  来年3月16日には東横線の地下化、東京メトロ副都心線乗り入れによって姿を消す東急東横線渋谷駅。 私鉄ターミナルの終点駅として古くから親しまれてきた駅だ。   直通化後は、この場所に湘南新宿ラインの渋谷駅が移動するといわれている。 東急東横線の地上渋谷駅の点描を4回にわたって。 (2012年11月11日)     1枚目: 来年3月には消えてしまう東横線渋谷駅風景。全景をヒカリエの4階から。  2枚目: 4...

続きを読む

武蔵野線の貨物列車4本+α

武蔵野線はさすが元貨物線。見沼田んぼにも、次々といろんな機関車がやってきて飽きることはない。 (2012年11月9日)  1枚目: EF210-131の牽く貨物列車。4095レ。長すぎて、後ろが切れてしまった。 2枚目: 続いてオイルタンカー編成。黒、青、緑の混色編成。 3枚目: 今度は桃太郎EF210-152の単機が。(S撮影) 4枚目: 最後はEF641024の牽く貨物。(S撮影)   5枚目: カラフルな菊のお花畑での...

続きを読む

渋谷にて東京メトロ銀座線

東急東横線の地下化の工事が進んでいる。変わりつつある渋谷駅界隈を記録しておこうとカメラ片手に散歩してみた。その1回目は、東急ヒカリエのオープンによって変貌を遂げつつある渋谷の中で、昔のおもかげが強く残っている東京メトロ銀座線。(2012年11月11日)1枚目: 銀座線のトンネルから地上へ出ると3階の高さ。渋谷の「谷」を感じる風景だ。高架橋の歴史を感じる一枚。2枚目: 支柱の一部は工事中で仮設の柱。この地下に副都心線...

続きを読む

武蔵野線の普通電車たち(見沼田んぼにて)

武蔵野線というのは魅力ないような、あるような、おもしろい線だと思う。首都圏で貨物を撮るには欠かせない路線であるものの、線路と線形は現代的な高架と掘割とトンネルばかり。新しい線のため景色もいまいち…。電車は休日などには臨時でめずらしいのが入ることもあるが、ルーチンでは茶色とオレンジ帯の205系ステン車ばかり。そんな武蔵野線を、秋の晴れた日に東浦和-東川口間の見沼田んぼで撮ってみた。まずは、日常を残すのが...

続きを読む

日本のいろんなワインが飲めるレストランAGARIS神楽坂

キッチン&ワイン AGARIS 神楽坂http://r.gnavi.co.jp/b094002/ここでは東京広しといえどもでも、日本産のいろいろなワインが飲める貴重な店だ。「情緒あふれる東京神楽坂の石畳の小道に迷い、たどりついたのは隠れ家的ビストロ。京都懐石出身の女性シェフの丁寧な料理と、肌に沁みるような日本ワインのマリアージュ。メニューに使用される野菜は安心・安全・美味しい契約農家さんの朝採り野菜で、毎朝三浦の畑から採れたてを提供…...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。