FC2ブログ

記事一覧

年の瀬のヴィンヤード

我らがヴィンヤードも、何とか無事に年の瀬を迎えることができた。   昨年の春に15センチほどの接ぎ木の苗を植え付けて以来、1年半で今年ははじめて750kgものメルロー、シャルドネ、カベルネソーヴィニヨンなどが収穫できた。 予想外の豊作だった。   12月の年の瀬のヴィンヤード。28日に降った雪が積もっている。   来年もいい年になりますように…。   (2012年12月29日)  ...

続きを読む

あの日の…花輪線のキハ58②

かつてハチロクの3重連で有名だった雪の花輪線を、キハ58の2連はわけなく進んでいく。   憧れの写真集で見た景色を車窓から求めてみたが、全くわからない…。 岩手松尾駅、龍が森駅などの魅力的な名前の駅も、バブル時代に松尾八幡平駅、安比高原駅とおしゃれに名前を変えてしまい、情けないやら…。   そうこうしているうちに、キハは難なく峠を越えて…。  (2002年2月 10日)     1枚目: 鹿角花輪にて。パ...

続きを読む

ワインぶどう剪定講習会

29日午後、わがヴィンヤードでワインぶどうの剪定の講習会が開かれた。 先生は出荷組合のW井組合長。参加者は定年帰農した初心者を中心に6名。   ぶとうの枝は葉をすべて落として寒々としている。 昨日の雪は15センチほど積もっている。気温はさほど低くないのだが、足先がだんだんに冷たくなってくる。   剪定と誘引が冬の間の大切な作業で、来年の品質、収量に大きく影響する。 剪定の考え方とルールと実際をしっかり...

続きを読む

あの日の…花輪線のキハ58①

雪のみちのくの旅は、釜石線、山田線から引き続いて花輪線に回った。当時、ここでは原色キハ58が主力のはずだ。 この時は東北新幹線は盛岡まで完成しており、この年(2002年)の12月に八戸まで延伸された。特急はつかりも新幹線に接続して、どんどん青森に向かうころだった。(2002年2月 10日)  1枚目: 盛岡駅の花輪線ホームで出発を待つ大館行きキハ58系2連。 2枚目: となりのホームには、今ここでは見られない...

続きを読む

115系カラーコンペ(2)

昨日に引き続いて、徐々に消えゆく運命の115系のカラーバリエーションを何種か。  1枚目: 青系の新潟色は、透き通った日本海をイメージさせる逸品だと思うが…。潟町-上下浜間の日本海の砂丘を上下する信越本線。(2010年7月18日) 2枚目: 黄色と黄緑からなる弥彦色の並び。東三条-弥彦間のミニ路線弥彦線の吉田駅にて。(2000年1月16日) 3枚目: JR西日本色。西日本の元スタンダード塗色。今年の冬に、伯備線美...

続きを読む

115系カラーコンペ(1)

JR東日本での115系が、ステンレスの211系に置き換えられるのは時間の問題といわれている。 115系は、国鉄時代は湘南色やスカ色が基本だったが、JR化後は各支社独自のカラーが採用されてにぎやかだ。   今まで撮りだめてきた115系のいろいろなカラーバラエティを2回にわたってまとめてみたい。     1枚目: もっともオーソドックスだったスカ線色を、中央本線新府駅で。 今でも中央本線の小淵沢以東で活躍中だが、去...

続きを読む

北長野の211系

相変わらず北長野駅などに留置されっぱなしの211系。 来年3月のダイヤ改正では115系に変わって信州を走り始めることになっているが、まだ帯色の改造車などは外からは見えないようだ。  (2012年12月26日撮影)     1枚目: 北長野駅の側線に長いこと留置されっぱなしの211系。 以前撮った時は東海道線の幕であったが…。   2枚目: 強い風と共に雪が少し舞ってきた…。   3枚目: 長野総合車両センターの清掃区...

続きを読む

あの日の…盛岡色のキハ52(山田線)

先日大糸線(北)の長野色キハ52をアップした。 ついでにといってはなんだが、北へ飛んで岩手県山田線でのキハ52。   このころの山田線は赤鬼の盛岡色と、国鉄色が一部復活されていたころだった。  (2002年2月9, 10日)     1枚目: 山田線宮古駅にて、国鉄色に戻されたキハ52の2両編成の盛岡行き。 これに乗車して、岩泉線の制覇のため茂市まで。   2枚目: キハ52 149。 サイドの窓は1枚ものに変更されてい...

続きを読む

寒波襲来

北陸、越後地方は寒波がやってきている。 家内の買い物のアッシーとして北長野駅のスーパー駐車場で、その暇つぶしに。 (2012年12月26日撮影)     1枚目: 雪をいっぱい噛んだまま、長野で折り返してきた飯山線のキハ110系。   2枚目: 次の飯山線上り列車も雪まみれ。   3枚目: キハ110のサイドも雪がいっぱい。 北長野ではお日様がいっぱい射しているのに…。 窓ガラスは露で曇っている。  ...

続きを読む

あの日の…久留里線

今年の12月1日に久留里線の旧型キハがなくなってしまったが、キハ38、37、30の天下だったころの乗り鉄風景。   キハ30はまだ久留里色で、国鉄色ではなかった。 (2000年4月1日)     1枚目: 上総亀山駅で出発を待つキハ38 4。 ローカルカラー満点の終着駅だ。 これに乗車して、木更津へ向かう。   2枚目: 久留里駅に到着したキハ38。   3枚目: 久留里駅ですれちがう上総亀山行き。先頭車はキハ30...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。