FC2ブログ

記事一覧

跨線橋上川駅(石北本線)

北海道の跨線橋はまた魅力いっぱいだ。  雪や寒さに耐えられるように古レールでがっちり作られた骨格、カラー鋼板製で雪止めのついた屋根、スレートの壁…。 階段下の出入り口に扉がついたものも見受けられる。    写真は大雪山から小樽、積丹へ行く途中、上川駅でオホーツク2号を待つ際にすれ違った下りのオホーツク1号。キハ183系。   (1995年6月25日)   今晩からしばらくの間四国方面の旅に出ます。ま...

続きを読む

世界が恋する長野ワイン

ワイン用のぶどうの生産量が一番多い県はどこでしょうか。 山梨県?、北海道?…。   実は長野県なんです。 ワインの生産量は、神奈川県、山梨県、岡山県の順で、長野県は6位の順なのですが。   長野県は「長野ワイン」の振興と「信州ワインバレー構想」を打ちたてて、6次産業でもあるワインに力を入れていくことを決定した。 http://www.nagano-wine.jp/ http://www.nagano-wine.jp/docs/shinshuwinevalley.pdf   ...

続きを読む

キハ58系が走った路(50補)小浜線

シリーズ開始後の整理中に出てきたキハ58の写真を補足として何回か。   青春18きっぷでの冬の関西のりつぶし旅行の時の1枚。 ムーンライトながらで横浜から大垣まで、更に米原、敦賀とまわって、天橋立、和田山、北条鉄道、加古川線などを乗りつぶした時だ。    敦賀駅から東舞鶴まで小浜線で乗車したキハ58系。 快速4930Dで、キハ58 794+キハ28。 塗色は、青に白帯の小浜線カラーだった。   この時は、北陸...

続きを読む

これはなんじゃ?

これはなんだろう?。 架線ビームにばっちりかかる気動車…。そちらではなくて歩道橋の方。 複々線をまたぐ一見何の変哲もない歩道橋に見える。しかしよく見ると薄緑色に塗られた橋の部分が何かの形に似ている…。  おそらくターンテーブルのデッキの流用ではなかろうか。近くには直方駅があって、ここはかつてD50、D60が大活躍した直方機関区もあったはず。4線を一気にまたぐには、21mを超えるターンテーブルは...

続きを読む

マ ド グィォー(Mas de Guiot)

近所のスーパーで、何の選択情報もなしに買ったデイリークラスのフランスワイン。 帰って調べてみるとフランスの南東部あたりニーム地区のリーズナブルなワインのようだ。 カベルネソーヴィニヨンとシラーの混合の赤ワイン。   色合いは深い赤紫色。ブルーベリーやブラックカナントなどの青や黒の色合いを持つジューシーでジャムのような果実とすみれの香りが感じられる。 滑らかで熟した味わい。   ワインの帝王ロバー...

続きを読む

キハ58系が走った路(49)奥羽本線のkenji

ふれあいパル号に続いて、キハ58系のジョイフルトレインのひとつ「kenji」。 JR盛岡支社の所有で、宮沢賢治のケンジを取ったもの。   タネ車はサロンエクスプレスアルカディアで、車両火災の後の再改造で、1992年に岩手県で行なわれた三陸・海の博覧会にあわせて登場した。   JR東日本のDMH17系エンジン淘汰の方針により、3両ともエンジンは新型に置き換えられている。   塗装は白をベースに青色系の濃淡の帯が入る...

続きを読む

グランドキャニオン鉄道②

グランドキャニオン駅のSL+DL観光列車の出発風景。 (1998年7月)     1枚目: 4960号機の後は、豪華アメリカの鉄道華やかなりしころの典型的なディーゼル機関車6793号機。 日本一周が小学生時代、誠文堂新光社の模型の単行本に作り方が載っていて、憧れだったタイプの機関車だ…。  2枚目: 発車時刻を知らなくて、ツアーのバス集合時間との絡みで焦ってはいたが、ようやく発車。 夏のアリゾナの炎天下のせいか、...

続きを読む

キハ58系が走った路(48)長崎本線のふれあいパル

長崎本線でのキハ58も撮ったことがあるような気がしていたが、標準タイプのものはなかった。 ここでは、ジョイフルトレイン(もう死語か?)の「ふれあいパル号」。    全面、絨毯掘りごたつの室内で、改造工事は幡生車両所により実施されたもので、小郡機関区に所属。キロ29 504+キロ59 507。   撮影駅は長崎本線三田川駅で、かもめエクスプレスに道を譲るために停車中。 現在この駅は吉野ヶ里公園駅と駅名が変わっ...

続きを読む

グランドキャニオン鉄道①

米国サンフランシスコ出張中の休日、あのグランドキャニオンへ行ってみたいと思って、ラスベガス行の飛行機に乗った。ラスベガスからは1 day tripのツアーに参加して、数人乗りの飛行機でグランドキャニオン空港へ、さらにそこからマイクロバスで。 グランドキャニオン観光の後、バスの集合場所の近くのホテルの下にレールを発見…。何の鉄道だろうか。駅まで行ってみると、Grand Canyon Railwayと。  グランドキャニオン...

続きを読む

キハ58系が走った路(47)指宿枕崎線

博多から夜行特急ドリームつばめに乗車し、伊集院から鹿児島交通バスで枕崎に抜ける。 沿線は土砂降りで、指宿枕崎線の枕崎駅でもまだひどい雨。 南九州の梅雨時の集中豪雨のすごさを認識。   発車寸前の鹿児島行きのキハ58系。 この後、この列車は集中豪雨で喜入あたりからちょくちょく停まりだして鹿児島到着は1時間以上の延着。 この後肥薩線大畑を巡る予定だったが、以降の旅程はメチャメチャになってしまった。 (2000年6...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。