FC2ブログ

記事一覧

九州の棚田 石垣の村棚田②(宮崎県日之影町)

この戸川集落の奥上に百選の棚田の石垣の村棚田があったのだが…。 (2013年10月25日)   1枚目: 集落の中の田んぼとハザ掛け。 雨に濡れた切り株が美しい。(S撮影)  2枚目: 垂直に近い急な石垣の上の田んぼ。(S撮影)   3枚目: 農家の倉庫のすぐ横にあった棚田の田んぼ。 苔むした石垣に歴史を感じる。(S撮影)   4枚目: 直線的の石垣で構成される棚田。(S撮影)   5枚目: 石垣の村戸川集落の農家。 青いタイ...

続きを読む

九州の棚田 石垣の村①(宮崎県日之影町)

この日は雨もやや小降りになってきて、前日豪雨で断念した谷間の狭い県道を進む。 さすが常に雨の多い宮崎高千穂。前日の道路わきの滝はうそのよう…。 日之影町役場から北へ約7㎞、まるで平家の落人の集落のような7戸だけの戸川集落に石垣の村があった。 (2013年10月25日)   1枚目: 深い山あいに突然飛び込んできた石造りの家々。  2枚目: この石造りの家は日本離れしていて、ヨーロッパのようにも見える。  ...

続きを読む

旧熱塩駅跡(旧日中線)②駅舎内部

現在、日中線記念館として保存されている旧国鉄日中線の旧熱塩駅。 鉄道の保存構造物として、理想的と思われる形で保存されていることはほんとにうれしい。 今回は駅舎の内部を。   (2013年11月23日)   1枚目: 改札口と切符売り場。 木のぬくもりが伝わってくる。   2枚目: 待合室の駅務室側。明かりがつくとさらに雰囲気が上がる。 無造作に置かれたダルマストーブが歴史を感じさせる。 前回も言ったが、こん...

続きを読む

初冬のヴィンヤードと善光寺平

初冬の信州高山村のヴィンヤード。 だいぶ寒くなってきた。   この日の作業は蔓のはがしを行う。結構強くワイヤーに巻き付いていて、少しくらいの力では取れない。力任せの仕事だ。 でもまだ蔓が固まっていない今これをやっておくと、剪定の時が楽になる。 (2013年11月27日)   1枚目: わがヴィンヤードもほとんど落葉してしまった。 ちょっとさびしい光景だ。 バックの上信越の山々も2,000メートルくらいまで雪が来てい...

続きを読む

九州の棚田 尾戸の口の棚田(高千穂町)

天岩戸から高千穂へ下る途中の栃又の棚田から、手抜きで岩戸川を挟んだ向こう岸の尾戸の口(おどのくち)の棚田を。   このあたりはどちらを見ても棚田だらけで、高千穂はまさに棚田の宝庫だ。 (2013年10月25日)   1枚目: 栃又の棚田から、対岸の尾戸の口の棚田を望遠。(S撮影)  2枚目: 向う岸の尾戸の口棚田全景。  3枚目: かなり直線的な棚田だ。(S撮影)  4枚目: 棚田を縫って登っていく曲がりくねった農...

続きを読む

旧熱塩駅跡(旧日中線)①駅舎外観

現在地日中線記念館として保存されている旧国鉄日中線の旧熱塩駅。 鉄道の保存構造物として、理想的と思われる形で保存されていることはほんとにうれしい。  (2013年11月23日)   1枚目: こんなおしゃれな駅舎がこんな片田舎にあったなんて…。  2枚目: 改札をくぐるとレールこそないが、健在だったころの雰囲気が伝わってくる。  3枚目: 秋の午後の日差しの中、ひっそりとたたずむ昔のままの駅名標。(S撮影)&nb...

続きを読む

九州の棚田 栃又の棚田(高千穂町)

25日は大雨注意報も解除されて、やや小雨になってきた。 この日は高千穂から五ヶ瀬へ、さらに峠を越えて八代までの熊本県の棚田を全部で10カ所を回る予定だ。 まずは天岩戸から高千穂へ下る途中の栃又(とちまた)の棚田を。  (2013年10月25日)   1枚目: 高千穂の雨も上がりかかって、雨雲が山を伝って上がってきている。 このあたりが栃又の棚田なのだろうか。あたり一面棚田ばかりで、ここなのかわからない…。(S撮影)&nb...

続きを読む

南九州の旅(47)高千穂へ向かう

豊後大野市の原尻の滝のあとは雨も結構激しく降っていたため、当初予定していた久住山と産山村の扇棚田はパスして、高千穂へ直行する県道の山道を選んだ。 時々強い雨が降って、土砂崩れなどの危険を感じつつ急いだ。   15時前には高千穂についたので、ひとつ東側にある日之影町の石垣の村棚田だけは行っておこうと延岡方面に車を走らせる。 どういうわけかナビの案内が旧国道を案内してしまい、土砂降りの中を車が全く通らな...

続きを読む

ラッセル車プロフィール(2)車内

ラッセル車キ100形キ287の車内を、はじめて見ることができた。 メカニカルな機構の観察と、模型製作の参考になることだろう。  (2013年11月23日)   1枚目: ラッセル車キ287の車内に入ると、車内は意外とシンプル。 ハンドブレーキと、少し斜めに配置されたサイドの排雪翼作動用の圧縮空気によるシリンダーが2本、椅子と暖房用のストーブと、前面下部のプラウ上下用のシリンダー全2本、それに運転席、助手席の椅子くらい...

続きを読む

南九州の旅(46)東洋のナイアガラ原尻の滝

軸丸北の棚田から南方向に2~3kmくらい行った緒方川に、東洋のナイアガラとも言われる原尻の滝があった。ここは事前には調べていなかったが、たまたま道の駅で昼食をした時に見つけて行ってみようかということになった。 原尻の滝は大分県豊後大野市緒方町原尻の大野川水系緒方川にあり、日本の滝百選に選ばれている。田園に囲まれた平地に突如滝が現れるのが特徴で「東洋のナイアガラ」と呼ばれる。(2013年10月24日) 1...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。