FC2ブログ

記事一覧

火の見やぐら(207)中野市更科間山

扇状地をほゞ上り詰めた中野市更科670の曹洞宗月宮院の横にあった火の見やぐら。 四脚八丸丸型のがっちりとしたタイプ。 (2014年9月3日)   1枚目: 後ろ右が月宮院。 半鐘はもちろん、避雷針、滑車、ホースフックなどがついている。  2枚目: 真南から。  3枚目: 塔頂部を見上げる。中段にすき焼き鍋のような半鐘が下がっている。   4枚目: 銘板。 中野市消防団第二部間山分団 昭和30年7月製の下田鉄工所製だ。 ...

続きを読む

東海道新幹線50歳

明日10月1日で新幹線開業50周年となる。 1964年の東京オリンピック開会式の10日前、東海道新幹線が開業した。   この時の日本一周はまだ若かりし大学生…。 当時から、新線開業よりも消えゆくものに興味があった日本一周の本命は、前日の東海道本線151系こだま、つばめ、はとの最終日を根府川から東京駅まで撮影してきた。 すでに、あの日の…シリーズで公開済なので、今日は記念ということで新幹線を取り上げたい。(再掲) (196...

続きを読む

火の見やぐら(206)中野市新野中心部

中野市新野の下にあった一脚型をもう少し登っていくと、新野集落の中心部に立派な火の見やぐらがあった。 中山晋平記念館の横の場所だ。 (2014年9月3日)   1枚目: 山手に登っていく生活道路沿いに立っている四脚八丸型。 北信濃の美しい集落だ。  2枚目: 上から善光寺平と斑尾山をバックに。 ホースが干されている。  3枚目: 立ち位置をかえて。中野市消防団第二分団新野部詰所とある。  4枚目: 塔頂部を見上...

続きを読む

名山と鉄道(34)米山と北陸本線

 米山さんから雲が出た 今に 夕立がくるやら ピッカラ シャンカラ ドンカラリンと音がする…     上越地方の代表的民謡三階節にも歌われた米山(よねやま)。 標高は993mとさほど高くないが、海岸線のすぐそばに立っているピラミッド型の山なのでよく目立ち、雄大だ。古くから海上交通の目印として重宝された。    写真奥左のとがった山が米山。 山容からして火山かと思われがちだが古い海底火山の名残で、...

続きを読む

火の見やぐら(205)中野市新野

長野電鉄延徳駅から中山晋平記念館に向かう途中の、新野地区の路傍にポツンと立っていた火の見やぐら。 コンクリート電柱利用の一脚切妻四型。 (2014年9月3日)   1枚目: 火の見やぐらの足元には道祖神(千手観音?)が立っていた。   2枚目: 青空バックのこういう火の見やぐらも、悪くない…。   3枚目: 塔頂部のアップ。街灯が印象的。  ...

続きを読む

中秋の長野電鉄(8)夜間瀬駅付近にて

前回と同じ場所で、湯田中行きの3500系普通電車を。 (2014年9月13日)   1枚目: 夜間瀬川を渡ってススキの中の38‰の勾配をぐんぐん登ってくる3500系N3編成。高社山をバックに。   2枚目: バックの志賀高原は、こんないい天気なのに雲の中。   3枚目: 電車がいなくなった夜間瀬駅。 ...

続きを読む

御嶽山俯瞰

御嶽山(おんたけさん)が爆発した。 昔からの火山ではあるが、ここ何年か爆発していなかった山。 若かりしころには開田高原から登って岐阜県の濁河温泉に下りたこともあった。   壮大な大地の活動からすればほんの気まぐれの思いつきみたいな活動なのだろうけど、人間のちっぽけさを感じる。   そういえば、今年の春FDAの福岡-松本便からこの山を俯瞰したことがあったっけ。 再掲ではあるが、トピックスとして…。  ...

続きを読む

火の見やぐら(204)中野市延徳篠井

長野電鉄延徳駅から県道358号線へ出る途中にあった火の見やぐら。 四脚八丸型のオーソドックスなタイプ。 (2014年9月3日)   1枚目: この道をまっすぐに進むと延徳駅の踏切がある。 風向計、ヒゲ、半鐘、スピーカー、滑車、ホースフックなどがついている。   2枚目: 立ち位置をかえて。ハシゴは2段に分かれている。 みごとな青い空だ。   3枚目: 見上げると。 消防信号表には志賀泉と酒蔵の広告が入っていて、銘板に...

続きを読む

中秋の長野電鉄(7)夜間瀬-信濃竹原

夜間瀬駅から夜間瀬川鉄橋へ向かう大カーブでスノーモンキーを。 (2014年9月13日)   1枚目: 夜間瀬駅を通過して下ってくるスノーモンキー。 長電色のE2編成だ。   2枚目: 正面は赤一色。 控えめなSNOW MONKEYのロゴと温泉に入るお猿さんのイラストが好感が持てる。   3枚目: ススキの原を抜けて。 左後ろの断崖が十三崖でハヤブサ科の天然記念物チョウゲンボウの生息地。   4枚目: ススキの中へ。  ...

続きを読む

火の見やぐら(203)中野市延徳

中野市延徳のJA中野市延徳支所の向かいにあった近代的な火の見やぐら。  四脚四四型だが、脚はL字鋼材でなくて丸パイプ。 脚の中心にも太目の丸パイプが通っている。電柱型とやぐら型のミックスチャーという感じかな。 (2014年9月3日)   1枚目: 全景。筋向いの器具置場には、中野市消防団第3分団とある。 平成21年度森林整備加速化・林業再生事業(木造公共施設整備事業)で建てられた延徳地区コミュニティ消防センターと...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。