FC2ブログ

記事一覧

さよならブルトレの旅(15)知床斜里にて

 知床斜里駅前のホテルで宿泊、次の朝は少しゆっくりできる計画だ。 ホテルの窓から、知床斜里駅の構内がよく見えた。まさにレールビューの部屋だ。 (2015年1月17日)   1枚目: 朝7時26分に緑発、網走行きの普通列車が入ってきた。 キハ40系の2両連結だ。  2枚目: はっきりしない朝陽に1両目のキハの屋根が光る。(S撮影)  3枚目: 知床斜里駅ですれ違った釧路行きがキハ54の単行でやってきた。   4枚目: 広...

続きを読む

駅の風景 網走駅(石北本線)

 列車乗り換え時間を利用しての網走駅のスナップ。 (2015年1月16日)   1枚目: 網走刑務所を思わせる網走駅の看板と駅舎。  2枚目: 昔のままの跨線橋。  3枚目: 駅の東側に建つ機関庫。この日は列車は何も見えない。  4枚目: 駅構内と網走駅舎。 最初にこの駅に降り立った1973年は木造駅舎だったが…。  5枚目: 島式ホーム部分のホーム上屋。 レールを組んだ屋根が魅力的…。  6枚目: 改札口を出...

続きを読む

北アルプス望遠

 今日は朝から、少しの風を伴った小雪模様・・・。 こういう日は無理をせずこたつに当たりながら、晴耕雨読ならぬ晴耕雪ブログと決め込む。   さて、昨日は午前中はすばらしい好天に恵まれてヴィンヤードに出て剪定作業。 (2015年1月29日)   1枚目: 先々週30センチほど積もった雪もほとんど消えつつあるヴィンヤード。 月曜日には新雪の農道に車を乗りいれてスタック…。 シャベルで車体下の雪をかきだして大変な時間と...

続きを読む

火の見やぐら(251)北海道遠軽町瀬戸瀬東

 北海道旅行中に出会えた火の見やぐら。 走行中の石北線の特急車窓から発見、撮影したもので、望遠で引っ張ったので少し流れてしまった。 場所は遠軽町瀬戸瀬東の国道333号線沿いだった。   四脚四丸型でなかなか立派な形だ。やぐらの後側に何かついているようだがよくわからない。 半鐘はなく、赤く塗られたスピーカーが鎮座しているようだ。   北海道旅行中に数本かは撮れると思っていたが、結局これと室蘭本線大...

続きを読む

さよならブルトレの旅(14)網走駅での釧網本線

 この日の宿は知床斜里のホテルなので、網走で少し時間があった。というよりこの先へ行く列車は1時間ちょっと後しかない。 網走駅風景と釧網本線のキハを少し。 (2015年1月16日)   1枚目: 網走駅のホームでの釧網本線4739Dの釧路行き。 ここのキハ54にはヘッドマークを入れるケースがついている。  2枚目: 跨線橋の上から、同列車。 キハ54 514+キハ40 834だ。  3枚目: キハ54のサイド。 寒冷地用の二重窓に...

続きを読む

さよならブルトレの旅(13)石北本線オホーツク

 旭川駅で乗り換え時間を利用してそばを食べて、ふたたび車中へ。今度はキハ183系のオホーツク3号だ。   (2015年1月16日)   1枚目: 石北本線の石北峠を超える上川-上白滝間は34kmにわたって駅がないので、旧天幕駅、中越信号場、上越信号場、奥白滝信号場と信号場が並ぶ。 ここはおそらく雪に埋もれた中越(なかこし)信号場であろう。(S撮影)  2枚目: 石北峠のトンネルを抜けるとオホーツクはどんどん標高を下...

続きを読む

さよならブルトレの旅(12)スーパー宗谷車窓から

 スーパー宗谷2号の旭川までの車内では、私はゆっくり休養…。 家内はえらくはりきっていて、「天気の悪い日の特急列車の車窓からの写真はいいものが撮れるはずがない」というのにもかかわらず、車窓から全駅を撮ってやろう…と。 結果はその通りだったので、お急ぎの方は飛ばしてください。 (2015年1月16日)   1枚目: スーパー宗谷2号のグリーン車キロハ261。 旭川につくころはビジネス客で9席のグリーン車はほゞ満席。&n...

続きを読む

跨線橋 幌延駅(宗谷本線)

 スーパー宗谷2号の車窓から幌延駅の跨線橋を。 この駅はかつて留萌からの日本海側を北上した羽幌線がここまではいっていた。 また機関支区もあって、ターンテーブルも庫もあったらしい。   跨線橋は主要駅らしく、レール骨格、板張りの代表的なスタイル。 裸電球の照明が何ともいい感じだ。   特急車内の照明が写ってしまい、申し訳ない。 (2015年1月16日 S撮影)...

続きを読む

さよならブルトレの旅(11)最北の駅稚内

 音威子府で後続してくる特急サロベツに乗り換えて、最北の駅稚内へ。今晩はここでロシア料理を食べて、駅前の温泉付きホテル泊まり。 翌朝は1番の特急スーパー宗谷2号で旭川に戻る。稚内へは乗り鉄とロシア料理を食べに来たようなものだ。(2015年1月16日) 1枚目: 翌日朝の稚内駅。7時少し前だが、まだ陽が上っていない。かつての駅舎は姿を消して、稚内とは思えない近代的な駅になっていた。  2枚目: 最...

続きを読む

さよならブルトレの旅(10)音威子府にて

宗谷本線音威子府駅での1時間弱の待ち合わせの後、特急サロベツに乗車。 ここからの車窓は抜海付近など興味あるものの、どうせ暗くなってしまうし、これで稚内には30分くらい早くついて楽しみなロシア料理も早く食べられる…。 (2015年1月15日)   1枚目: 1番線でお昼寝中の普通稚内行きキハ54 509。   2枚目: 稚内方面からやってきた札幌行き特急サロベツ。 独特の雰囲気に仕上がった…。  3枚目: 音威子府駅3番線に...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。