FC2ブログ

記事一覧

山陰東進ドライブ(51)出雲坂根俯瞰

 昨晩の宿は出雲坂根に近い広島県の比婆山の温泉の、名前もぴったりな熊野湯旅館。まさにクマが出そうな山の中の一軒宿。列車密度のやや多い朝、木次線の出雲坂根へ。ここは有名な3段スイッチバックの駅だ。まずは1番列車の1443Dを、廃道に近い旧国道のスイッチバックを俯瞰できるポイントで。 (2015年4月24日) 1枚目: はじめ3段スイッチバックを俯瞰できる場所の登り口がはっきりしなくて、廃道になったような旧国...

続きを読む

山陰東進ドライブ(50)布原の鉄橋(伯備線)

 かつてD51の三重連でにぎわった伯備線布原の鉄橋。 すばらしい傑作写真が発表されて、それぞれ印象に残っている・・・。 今、ここはどうなっているのだろうと訪れてみた。   鉄橋の付近には木々がどんどん成長していて、鉄橋全体を見渡して撮れる場所はなくなっていた。 川の東側(左岸)の元お立ち台と思われる場所は、すっかり木々に埋まった林になっていて立ち入ることはできそうもない。 ちなみにトンネル上の県道からも...

続きを読む

山陰東進ドライブ(49)駅の風景 布原駅(伯備線)

 布原駅は伯備線にあるが、停車するのは併用する芸備線からの列車のみ。これも昔から変わっていないのであろう。(2015年4月23日) 1枚目: D51三重連のころとほとんど変わっていないように思える布原駅。元信号場のためすれ違い可能な線に対向式の短いホームがちょこんとついている。  2枚目: 下り線のホーム。(S撮影)  3枚目: 昔は布原信号場だった…。(S撮影)  4枚目: 互い違いに設置されたホームも昔のま...

続きを読む

山陰東進ドライブ(48)布原にて(伯備線/芸備線)

 かつてSL時代にはD51の三重連で、三脚と銀箱が並んだ伯備線の布原駅周辺。日本一周はこのころは訪れることはできなかったが、かつての有名撮影地の今を見てみたいと訪れてみた。 もちろん撮影者の姿は全くないが、布原駅はたぶん当時と同じような姿でひっそりとたたずんでいた。 (2015年4月23日) 1枚目: 芸備線からのキハ120 358の単行の新見行きがやってきた。(S撮影)  2枚目: 何もないかのごとく静か...

続きを読む

火の見やぐら(280)鳥取県日野町黒坂中菅

 火の見やぐらNo.278の日野町井ノ原とよく似たタイプ。 同じ日野川の沿線にあって、伯備線黒坂駅より7~800mの国道180号線沿い。  (2015年4月24日)   1枚目: 実は列車の撮影で待つときに向こうに見えたやぐら。 おそらくダムの放水の際の連絡用だろう。 コンクリートの建屋の上に四脚のやぐらが建っている。頂部には赤く塗られたサイレンとスピーカー。  2枚目: 伯備線の特急やくもとのツーショット。(S撮影) ...

続きを読む

山陰東進ドライブ(47)備中神代付近(伯備線)

 布原へ向かって走りつつ家内に時刻表をチェックしてもらうと、上下のやくもがやってくる時間だ。 伯備線備中神代の手前の県道の跨線橋から撮ってみた。  (2015年4月23日)   1枚目: 下りのやくもの後追い。 高梁川の上流である西川と、棚田と八重桜の花が美しい。  2枚目: 県道の下をくぐって。(S撮影)   3枚目: 家内も顔に電柱をひっかけなくなってきた・・・。(S撮影)   4枚目: 上りのやくもは、アッ...

続きを読む

山陰の棚田 大原新田の棚田(島根県奥出雲町大馬木)

 木次線八川駅から県道49号線を南西に約4kmほど入ったところにあった大原新田の棚田。 大きく、綺麗に整備された棚田はどうみても区画整理された圃場のようにしか見えないが、ここは江戸時代に鉄師の絲原家が私財を投入してかんな流し(砂鉄採取地跡)によってできた土地を畑や田んぼとして造成し、現在の水田になったという。 出雲坂根駅での列車撮影の合間に訪問してみた。 (2015年4月24日)   1枚目: 棚田展望台から見た...

続きを読む

山陰東進ドライブ(46)足立のSカーブにてEF64(伯備線)

 上石見カーブをゆく3084レを撮れて満足して、揚々と布原へ向かう予定だった。 しかし上石見駅で運転停車する貨物列車を見て、この停車時間を利用すれば峠の先の足立のSカーブで再び撮れるなぁ…と、急遽谷田峠を越える。 撮影場所はよく判らなかったが、それらしいところにお仲間が数人見えたので助かった。 (2015年4月23日)   1枚目: 多くの傑作写真がすでに発表されている足立(あしだち)のSカーブ。 バックの木々が、...

続きを読む

火の見やぐら(279)鳥取県日南町菅沢

 鳥取県の南西部、日南町の国道180号線、県道48号線との分岐点の菅沢集落の、少し北東の国道沿いにあった正真正銘の火の見やぐら。   四脚四無型のミニミニの小さなもの。 山陰ではめったに見られない貴重な火の見やぐらだった。  (2015年4月24日)   1枚目: 器具小屋のどぎつい標識に目が行ってしまって、火の見やぐらは見落としてしまいそう。(S撮影)   2枚目: アングル製のやぐらと木製の屋根がどう取...

続きを読む

山陰東進ドライブ(45)上石見にて3084レ(伯備線)

   法勝寺線廃線跡のあとは、伯備線の生山-上石見間へ回ってみた。 ここも伯備線ではよく見かける有名ポイント。 電柱が多少気になるが、のどかな田園風景の中の大カーブを登ってくるなかなかいいポイントだ。 (2015年4月23日)   1枚目: まずはやくも18号がかろやかに勾配を登ってきた。(S撮影)   2枚目: 続いて、期待していた貨物列車3084レ。 牽引は牛乳パック塗装のEF64 1010号機だ。   3枚目: 列車...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。