FC2ブログ

記事一覧

火の見やぐら(416)長野市松代豊栄宮崎公民館

 県道35号線をさらに下ると、皆神山の裾野あたりの宮崎公民館の横に簡素な火の見やぐらがあった。 (2016年3月13日)   1枚目: 県道35号線沿いの火の見やぐら。 三脚無三型で、半鐘の上に切妻の小さな屋根がついていた。  2枚目: ハシゴは外バシゴ1本。  3枚目: バックの地蔵峠方面の山にはまだ残雪が。(S撮影)   4枚目: 見上げると。 ホースフックもついている。(S撮影)   5枚目: 塔頂部。(S撮影) ...

続きを読む

名山と鉄道(27)草津白根山と吾妻線

 群馬県の白根山(草津白根山)と吾妻線とは直線距離で15kmほどであるが、吾妻線はほとんど河岸段丘の下を走っていて車窓からは見ることはできない。 ただ群馬大津-羽根尾間の、八ッ場ダム迂回の国道バイパスの道路橋から、両方を俯瞰することができた。 (2012年5月19日)   1枚目: 電車がどこにいるのかわかりますか…。 草津白根山の向こう側は日本一周がワインぶどうを育てている長野県の高山村だ。 5月の新緑が美しい。...

続きを読む

火の見やぐら(415)長野市松代豊栄平林

再び県道35号豊栄交差点の反対側、平林地区の公民館敷地内にあった火の見やぐら。 (2016年3月13日)   1枚目: 平林公民館の小公園に大きな石の道祖神と、四脚八丸型の火の見やぐらが。  2枚目: ちょっと錆が出ているが、6段のオーソドックスなスタイル。  3枚目: 塔頂部。(S撮影)   4枚目: 銘板と消防信号表。 これも須坂の江沢鉄工所製だ。  5枚目: 満開の梅の花と一緒に。   6枚目: 器具置場と風...

続きを読む

名山と鉄道(24)谷川岳と上越線

 谷川岳。 1,977mの標高もさることながら、その一ノ倉沢の岩壁は穂高、剣とともに日本三大岩壁として、アルピニストに最も関心をもたれる山のひとつだ。 日本一周は天神平のロープウェイでちょっと散策したのみだ。 (2008年10月)   1枚目: 上越線の上牧-水上間の諏訪峡からの107系上り電車と、谷川岳のツーショット。 4両編成と谷川岳とどっちつかずだが…。 ...

続きを読む

火の見やぐら(414)長野市松代西条欠

 再び県道35号線を長野市街地方向に下って、豊栄小学校を過ぎたあたりの川の対岸、松代町西条地区の欠公民館の敷地内にあった。 周りは住宅地になっている。  (2016年3月13日)     1枚目: 三脚丸丸型の、半鐘付き。  2枚目:    3枚目: これは珍しい半鐘に変わる木板。 これも叩いて音をだし、注意喚起する。 日本一周の子供のころ木製の火の見やぐらにはこの手の木板が下がっていた記憶がよ...

続きを読む

名山と鉄道(26)荒船山と信越線、小海線

 妙義山の南奥、真っ平らな稜線が見える。 これが荒船山(1423m)で、安山岩でできていて、妙義山と同じころの古い火山らしい。 南北2km、東西400mの溶岩台地のような形だが、そうではなくて妙義山と同じ浸食によって固い部分が残った山だそうだ。専門用語では「メサ」というらしい。 周りは急峻な崖になっていて、特に北側の艫岩は高さ200mもの垂直に切り落ちた絶壁で、日本二百名山のひとつに指定されているとのこと。  ...

続きを読む

火の見やぐら(413)長野市松代豊栄赤柴

 県道35号線を新地蔵峠に向かって登っていくと峠への最後の集落、赤柴集落の旧道部分にあった立派な火の見やぐら。 (2016年3月13日)     1枚目: やや太めの三脚六丸型。  2枚目: 足元まで登って。  3枚目: アングルを変えて。  4枚目: 足元の石碑とやぐら。  5枚目: 塔頂部。(S撮影)   6枚目: 銘板。 だいぶ錆びてはいるが、長野市消防団松代第三分団施工昭和41年12月 (株)江沢鉄工所...

続きを読む

名山と鉄道(25)妙義山と信越線

 上州の西側に、特異な姿を見せる妙義山。 古い時代の火山が、浸食をうけて生じたこのような山容になったらしい。 (2009年1月10日)   1枚目: 107系の2連が横川駅を目指す。 かつては信越本線として白山やあさま、そよかぜなどが走った路だが…、今は盲腸ローカル線。 ...

続きを読む

火の見やぐら(412)長野市松代豊栄関屋

 桑根井のやぐらの南方、県道35号線へ出て少し南進した、豊栄小学校の南400mほどにあった立派な火の見やぐら。  (2016年3月13日)   1枚目: 県道から数10m右に入った生活道路の角にあった。これも三脚丸丸型。  2枚目: 直線の脚だが、なかなかバランスが取れていて美しい。  3枚目: 銀杏の樹と。  4枚目: なかなかいいやぐらだ。   5枚目: 足元の消火栓とホースボックス。   6枚目: 半鐘...

続きを読む

名山と鉄道(23)赤城山と上越線

 群馬県は関東平野の北西にあって、北と西には山々がそびえ立っている。東から日光連山、尾瀬、谷川岳、苗場山、三国山脈の草津白根、四阿山、浅間山、荒船山…。その手前に独立峰の赤城山、榛名山、妙義山が見事な山容を示している。上州名物といえばかかあ天下と空っ風…。いずれも北からの季節風をこれらの山がさえぎって新潟県で雪を降らせ、水分が抜かれた乾いた風がこれらの山々から吹き下ろすことに相違ない。 小学...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。