FC2ブログ

記事一覧

火の見やぐら(483)金沢市小坂町  

国道359号を更に2.5㎞ほど北進。東金沢駅に近い小坂町交差点のすぐ南、国道をまたぐ歩道橋の奥にあった大型の四脚無丸型の火の見やぐら。(2016年11月7日) 1枚目: 四脚無丸型で、大型の金沢方式のものだが、半鐘はない。右側が小坂小学校。 2枚目: 後ろにはマンションが。高さ的には、てっぺんからでも視界はさえぎられるだろう。 3枚目: 中間に踊り場のある大型のものだが、やっぱり信州のやぐらのように屋根...

続きを読む

金沢・富山旅行(10)氷見線越中国分俯瞰  

国分の灯台見物の後は、ぶらぶらと写真を撮りつつ氷見線の雨晴駅まで歩いて行ってみることとした。(2016年11月8日) 1枚目: 氷見線越中国分駅付近にて、輝く富山湾とキハ40。すばらしい伏木国分浜の朝だ。(S撮影) 2枚目: 透明度の高い富山湾とキハ40。 3枚目: 少し進んで。たらこ色のキハの色が澄んだ富山湾とよく映える。氷見の半島が美しい。 5枚目: こんなアングルもどうかな…。 6枚目: 岬を曲がって行...

続きを読む

金沢・富山旅行(9)国分灯台(岩崎の鼻灯台)  

正式には岩崎の鼻灯台というらしい。氷見線越中国分駅から歩いて行ける距離の、富山湾を見下ろす丘の上の白い灯台。学生時代、気持ちが落ち込むと授業や実験を抜け出してここへ行っては海を見ていたっけ…。日本一周にもそんなロマンあふれる時もあったのです。(笑)(2016年11月8日) 1枚目: 小高い丘の上に立っているので、灯台の背は低い。 2枚目: 当時はクローバーが敷き詰められた丘の上の明るい灯台だったが、周りの木...

続きを読む

金沢・富山旅行(8)万葉線米島口  

万葉線の米島口駅は、万葉線の本社と車庫のある場所。かつては富山地方鉄道射水線→加越能鉄道の伏木線と新湊港線の分岐点だった。(2016年11月8日) 1枚目: かなり大型の米島口の万葉線車庫。赤トラム3編成と7000系7073が休んでいる。 2枚目: 車庫の横にはここでの最古参のデ5022の除雪車と、最新型のプラウ除雪車6000が休んでいた。デ5022の走行除雪中の写真は、http://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu/13286196.html?type...

続きを読む

火の見やぐら(482)金沢市森山町  

瓢箪町から北東へ向かい、旧北陸道で旧国道8号線、現国道369号へ出てさらに北進。山の上町交番の筋向いにあった火の見やぐら。旧北陸道の定義は難しく、北国街道との使い方はいろいろの説がある。江戸時代の前田のころは金沢を通る街道は北国街道といっていたようだ…。(2016年11月7日) 1枚目: 瓢箪町のものと同じようなタイプだが、ここは三脚。松の木の下に道標があって、東に折れていく道が旧北国街道と記されている。 ...

続きを読む

金沢・富山旅行(7)新湊貨物線2091レ  

そして、待望の新湊貨物線2091レが朝日を浴びてやってきた.新湊線で1日に1~2往復の貴重な列車だ。(2016年11月8日) 1枚目: 待望のDE10 1676号機の牽くコンテナー貨物高岡貨物駅行き。コンテナーはスカだが…。 2枚目: こちらは氷見線の線路で、能町方面。踏切の向こうに能町駅で、踏切の手前から写真左に分かれるのが新湊貨物線。金網越し失礼。 ...

続きを読む

火の見やぐら(480)金沢市此花町  

古都金沢市内の火の見やぐらはどうなっているのだろうか…。結構変わったものがありそうだ…とのことで、北陸新幹線初乗りの半日ほどレンタサイクルを借りて回ってみた。まずは、駅前通りのレンタサイクル屋さん「まちのり」のあるライブ1ビルのすぐ後ろの一等地の火の見やぐら。此花町27というところらしい。(2016年11月7日) 1枚目: 現代的な大型のホース乾燥塔の途中につり下がった半鐘。後ろの詰所、器具庫も新しいモダンな...

続きを読む

金沢・富山旅行(6)万葉線西新湊駅  

この日の宿は射水市新湊のホテル。ここの下車駅は万葉線の西新湊。以前は新湊市役所前といわれた新湊の中心地だが、小杉町との合併で射水市になった。(2016年11月 8日) 1枚目: 万葉線のこの区間は専用軌道区間。単線なのにホームは上下別に2本からなる。 2枚目: 屋根がカーブしているのは何をイメージしているのだろうか。 3枚目: すすきの波の中をやってくる赤トラム。レールは非常にしっかりしている。(S撮影)&nb...

続きを読む

戸隠鏡池の紅葉  

すでに時効となってしまっていた長野市戸隠鏡池の紅葉。普通の年だとこの時よりもう少し早いと思われるが、今年は少し遅いようだった。今ではすでに初雪が積もっているはず。(2016年10月31日) 1枚目: 静かな湖面といっせいの黄葉と岩だらけの戸隠山。 2枚目: 黄色の中の赤も見事だ。 3枚目:  明日からしばらくの間時刻指定投稿でアップしますが、コメントは遅れますのでご了承ください。 ...

続きを読む

金沢・富山旅行(5)万葉線の電車いろいろ  

金沢市内での慣れない自転車20㎞と高岡貨物4~5㎞ほどの歩きであまり収穫も無く疲れはてて、まだ少し早いが万葉線で吉久からこの日の宿新湊へむかう。元気だったら万葉線六渡寺あたりも散策してみたかったのだが…。(2016年11月7日, 8日) 1枚目: 万葉線吉久あたりにて、この鉄道の現役で最も古い7000系7073を。この辺りは古い商家が続いている。 2枚目: こんなピカピカのトラムも混じって活躍中。安全地帯は...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。