FC2ブログ

記事一覧

火の見やぐら(535)茅野市泉野中道中

 昨日のやぐらの西200mあたりにあった、これまたパイプ製の三脚の火の見やぐら。バス停には中道中と書かれている。住所は茅野市泉野6540あたり。諏訪地方はほんとに火の見やぐらが多い…。まさに犬も歩けば棒に当たるならぬ、やぐらー歩けば火の見に当たる…だ。(2017年7月9日)  1枚目: このエリアでよく見た、鉄パイプ溶接による三脚の火の見やぐら。 2枚目: 器具庫もローコストの新しいコンパクトなもの。&nbs...

続きを読む

峠に挑む(補64)広島スカイレール

 正式名は広島短距離交通瀬野線というらしい。補機で有名な山陽本線の瀬野駅からみどり中央駅までの1.3km。鉄道線ではないが軌道法に基づく許可(特許)を受けていて、時刻表の地図でもロープウェイとは異なる私鉄と同じような表記になっている。構造的には、懸垂型モノレールとロープウェイを組み合わせたような新交通システム。ロープウェイでは風に弱いので、車体の支持・案内は鋼製の桁構造と車輪によるものだ。駆動はケー...

続きを読む

蔵のこて絵

 こて絵ってごぞんじですか。蔵などの妻面などに、左官がこてを用いて漆喰で書かれた絵やマーク。ここ笹原集落はいろいろなこて画が眺められる。http://www.pamph-navi.jp/art/view_dynamic/pdfView.php?src=pam10010037(2017年7月9日)  1枚目: 色彩豊かなこて絵のある土蔵。日本一周はまだこて絵のコレクションははじめていないので、1枚だけ…。 2枚目: 諏訪地方特有の農家。 3枚目: かと思えば、こんな...

続きを読む

火の見やぐら(534)茅野市泉野中道

 昨日のやぐらの南400mあたりにあった、パイプ製の三脚の火の見やぐら。中道区というのだろうか、住所は茅野市泉野6550あたり。(2017年7月9日)  1枚目: パイプ製三脚で、一面がハシゴになっているもの。器具庫の屋根は車がぶつかった後なのだろうか…。(S撮影) 2枚目: 裸電球の街灯も素朴でなかなかいい。(S撮影) ...

続きを読む

火の見やぐら(533)茅野市泉野小屋場

 朝早くに御射鹿池へ行きたかったが、通り道に多くの火の見やぐらがあって道草で遅くなってしまった…。池と土偶を見た後は、小淵沢までの間ゆっくりと茅野市、原村のやぐらをさがす。といっても、原村、富士見町を通って小淵沢までだが。まずは茅野市泉野地区小屋場のやぐらを。住所では、茅野市泉野6029番地あたりだろう。(2017年7月9日) 1枚目: 集落の片隅、いろいろな石碑に囲まれた大型の火の見やぐら。詰所をまたぐ...

続きを読む

小海線 八千穂―海瀬-羽黒下

小海線の北部分。ここは県道のバイパスが線路のすぐ横を走っている。(2017年7月9日) 1枚目: 八千穂―海瀬間のストレート区間で、ハイブリッドE200-1号車。後ろに見えるタンクは清酒メーカー黒沢酒造の日本酒のタンク群。(387) 2枚目: 海瀬駅から500メートルほど北の踏切での上り列車も。(S撮影6796) ...

続きを読む

小海線 高岩の巨岩と

 前回、Kitaroさまと一緒に訪れた小海線高岩にて。https://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/14849378.html?type=folderlisthttps://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu/17885333.html今回は少し岩に近い位置から。(2017年7月9日)  1枚目: 期せずして、二人とも全く同じタイミングでショット。横位置で家内。(S撮影) 2枚目: 縦位置で日本一周。 ...

続きを読む

火の見やぐら(532)茅野市湖東笹原公民館

 県道191号線を更に上、笹原地区の笹原公民館の前にあった火の見やぐら。住所は、茅野市湖東1153あたり。(2017年7月9日) 1枚目: 県道の角に立つ火の見やぐら。四脚四四(面取り)の大型のもの。建屋に貼られた看板類がおもしろい。 2枚目: 正面から。 3枚目: 塔頂部。3個のスピーカーが占領しているが、きちんとした立派な塔頂部だ。 4枚目: 火の見やぐらの筋向いの公園には大きな柳の木が。茅野市の天然記...

続きを読む

小海線 高原野菜の畑とキハ

 その①の家内とほぼ同じ位置からの、日本一周の記録。(2017年7月9日) 1枚目: 高原野菜の里を往く。 2枚目: 踏切に向かって…。なかなかいい景色なのだけど、これといった決定的なカットはなかなか難しい。リターンマッチが必要か…。 3枚目: 緑と白の中を行く、緑と白の気動車。写真ではカットされたが、マルチへの苗の定植は人手でやっているようだ…。 ...

続きを読む

火の見やぐら(531)茅野市湖東笠原保育園バス停前

 諏訪盆地はりっぱな火の見やぐらだけかと思いきや、簡易型のものも結構多くある。県道191号線を更に御射鹿池方面にさらに上っていくと、笠原保育園のバス停にあった三脚の火の見やぐら。住所は、茅野市湖東2342あたりか。(2017年7月9日)  1枚目: パイプを3本使って、一面を横桟のハシゴにしたパイプ式のやぐら。(S撮影) 2枚目: 照明灯はずいぶんと現代的なものがついている。 3枚目: 違う角度から。&nbs...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。