FC2ブログ

記事一覧

鉄道の見える火の見やぐら(6)飯山線横倉駅

 長野/新潟県境にほど近い飯山線の横倉駅。駅のそばに、火の見やぐらが立っている。四脚八丸型の美しいやぐらだ。いまだ火の見やぐらを中心に生きているような集落の香りがする…。  1枚目: 火の見やぐらをバックに、横倉駅に入るキハ110-231の単行列車。(2009年7月3日 S撮影) 2枚目: 豪雪の中の踏切。残念ながら列車はいない…。このあたりの列車は3〜4時間に1本しかやって来ない…。(2009年1月14日)&nbs...

続きを読む

鉄道の見える火の見やぐら(5)飯山線桑名川―上桑名川

 これも千曲川の対岸の旧道からの俯瞰。飯山線の駅では桑名川―上桑名川の飯山市照岡新屋集落。火の見やぐらは四脚八丸型だ。このやぐらは、左岸の県道を走っているとちょっと高いところにあってなかなか見にくいので、まだ撮影、詳細レポートできていない。ちょっと極端なトリミングをしたので不鮮明をお許しください。 (2012年9月5日) 1枚目: 黄金色の田んぼと集落と。ちょっと見にくいが、すぐ後ろに飯山線のキハ...

続きを読む

長野電鉄の秋

 長野電鉄の附属中学前―朝陽間にて。ここは市内なのに、田んぼに囲まれた結構有名な撮影地だ。(2017年10月26日) 1枚目: この踏切からも裾花川の谷間越しに、雪をかぶった北アルプスが見える。 2枚目: 定番位置から3500系N6編成。ようやく長電らしくなってきて、いつまでも走ってほしい電車だ。今日の飯綱山は雲の中…。 3枚目: 後追いも。左のポプラ並木はは信大附属中学の敷地。 4枚目: 東の2000メートル...

続きを読む

北アルプスに雪が下りてきた…

 真っ赤に色づいたりんごの果樹園越しに見える白くなった北アルプス。左から、白馬鑓、杓子、白馬と思われる。高山村から。 ...

続きを読む

稲の切株と長野電鉄

 長野電鉄柳原―附属中学前―朝陽間にて。(2017年10月26日) 1枚目: スノーモンキー。稲藁の処理法もいろいろだ。 2枚目: 長野駅を目指して走り抜けるスノーモンキー。バックは長野市内。北陸新幹線の高架も見える。 3枚目: このあたりには用水が張り巡らされている。田んぼに水を入れる水門も。長野電鉄は8500系。4枚目: 遠くの北陸新幹線を走る上り列車も見える。...

続きを読む

水内坐一元神社となが電

 昨日のアップの鳥居の主、水内坐一元神社(みのちざいちげんじんじゃ)。(2017年10月26日) 1枚目: もう一度、鳥居とのコラボ。電車は元日比谷線の2連3500系N編成。 2枚目: 元日比谷線の3連の3600系L編成も。バックに住宅ができる前に撮っておきたかった景色だ。 3枚目: ゆけむりと。塗装車体はやはりこういう状況では映える。 4枚目: 水内坐一元神社の全景。ほんとはこのカットに電車を入れたかったのだが...

続きを読む

秋の田の…

 秋の田の 仮庵(かりほ)の庵(いほ)の 苫をあらみ…おなじみ百人一首の一番天智天皇の歌であるが、意味は違えど撮影中に浮かんできて頭を離れなかった。日本一周のイメージでは、秋の田の刈穂…の意味だったのだが。 写真は、長野電鉄柳原―附属中学前間。長野市内だが、ここから田園地帯が始まる。(2017年10月26日)  1枚目: 完全逆光のポイントなので曇りのほうがよかったのだが、撮影とともに日が差してきてし...

続きを読む

唄の風景(14)落葉松(からまつ)②

 落葉松(からまつ)の詩は、北原白秋のほかに野上彰も創っている。この詩には小林秀雄も作曲しており、独唱や合唱を経験した人は、むしろこちらのほうが感動的で印象深いかもしれない…。 軽井沢の秋は寂しく、また雨など降る日には非常に冷え込みむ。そんな時に雨そぼる落葉松の林を一人歩いていれば…本当に冷たく、寂しい思いがすることだろう。曲は、寂しさを漂わせながらも気品があり、心にしみじみ染み通る。日本一周...

続きを読む

鉄道の見える火の見やぐら(4)飯山線西大滝

 JR東日本の飯山線沿線はまだ若干のコラボ可能な火の見やぐらが残っている。ここは西大滝駅のすぐ北側にある火の見やぐら。https://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/11726529.htmlここは近くの大灘神社の鳥居と列車とのコラボも可能で、工夫次第ではいろいろ変化のあるカットが得られるポイントだ。  1枚目: 千曲川の対岸(右岸)の廃止になった国道からの俯瞰。奥信濃らしからぬ家々も増えてきてしまっているが、ま...

続きを読む

鉄道の見える火の見やぐら(3)上田電鉄八木沢駅

 うまい具合に1枚に鉄道と火の見やぐらが収まるのがここ、上田電鉄の八木沢駅。火の見やぐらはNo.128の、https://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/11675381.html四脚四丸型の立派なやぐら。 (2014年4月23日) 1枚目: えげつないくらいに青く塗られた駅舎も、この景色の中ではそんなに気にならない。古い駅舎と桜の花(?)が見事だ。電車は別所温泉行きの1000系。もちろん元東急車だ。 ...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。