FC2ブログ

記事一覧

火の見やぐら(579)台東区上野消防署

 東京のど真ん中の火の見やぐら…。へぇ、そんなものあるかなぁと思っていたが、こんな火の見やぐらが実際にあった。(2017年11月25日) 1枚目: 都内という場所柄というか、消防署という組織上からか、当然普通の火の見やぐらはあるはずはないと思っていた。しかし、ここには4階建てのビルの壁に壁画があって、その中で立派な火の見やぐらが立っていた。場所は、台東区役所の東南にある上野消防署。1階の北側道路側に消防車...

続きを読む

飯山線秋景 信濃平①

 飯山線の上り列車は、戸狩野沢温泉から飯山信濃平の田園地帯に入る。(2017年11月5日) 1枚目: 信濃平の田園地帯、すすきの中をやってくる下りのキハ110系。 2枚目: こうして撮るとレールはべコべコだ。 3枚目: 秋の午後…。 4枚目: 後追いでもやはりすすきの中…。 ...

続きを読む

松代地震観測所

 第二次世界大戦の末期に、軍部が本土決戦の最後の砦として建設した松代大本営。極秘のうちに大本営、政府各機関、天皇の御座所をここに移す計画で作られたが、使用することなく終戦となった。現在は気象庁の松代地震観測所として再利用されている。(2017年11月1日) 1枚目: 地震観測所施設案内図。巨大地下壕を利用した地震観測所には最新鋭の測定機器が設置され、日夜観測が続けられている。  2枚目: 大本営...

続きを読む

飯山線秋景 上境駅進入

 ここ上境駅も火の見やぐらとのコラボのため立ち寄り。駅に入る前の、秋らしい踏切で137Dを。(2017年11月5日) 1枚目: 柿の木いっぱいの踏切をやってくる…。何となく動きが感じられるカットになった。 2枚目: 上境駅に向かって制動…。 3枚目: 落葉広葉樹の紅葉をバックに。ちょっとごちゃごちゃしているが、まさに秋色一色だ。 4枚目: 上記の撮影ポイントで、こちら側も秋。 ...

続きを読む

火の見やぐら(578)長野市松代筒井地震観測所入り口

 上田市真田から県道35号で地蔵峠を越えて、長野市松代へ。この日は松代の地震観測所へ行ってみたかったのでそちらへむかったが、地震観測所のバス駐車場の広場にあった火の見やぐら。三脚六丸型の比較的小型のもの。(2017年11月1日) 1枚目: ブロック製の器具置き場とやぐら。  2枚目: 桜の紅葉をバックにして、後ろ側から。 3枚目: 塔頂部。シンプルだが、必要なものはすべてついている現役のやぐらだ。...

続きを読む

飯山線秋景 桑名川

 上桑名川-桑名川駅間の照岡地区にある名立神社前の踏切で、越後川口行きの下り135Dを。奥信濃ののどかな秋の風景のど真ん中…。(2017年11月5日) 1枚目: 秋真っ盛りの中をやってきた110系。左の渋柿は収穫中であったが…。 2枚目: ひきつけても何とはなく画になる…。(S撮影) 3枚目: 走りゆく姿を後追い。 ...

続きを読む

火の見やぐら(577)上田市真田町傍陽大庭

 真田町傍陽大庭の、耕雲寺の前の大庭多目的集会所の前にあった火の見やぐら。器具庫をまたぐガニ股の変わりやぐらだ。(2017年11月1日)  1枚目: 器具庫をまたぐために下部が極端に広くなった火の見やぐら。写真右の道路の奥あたりにかつての上田丸子電鉄傍陽線の終点、傍陽駅があったらしい。  2枚目: 上部。四脚四丸型だが、下部の広がりは大きい。 3枚目: 器具庫とやぐら下部。脚の曲がり部はアングル...

続きを読む

飯山線秋景 上桑名川駅にて

 越後の旅から再び飯山線の秋景に戻つて、上桑名川駅にて火の見やぐらとのコラボ時に撮影した長野行きの136D。(2017年11月5日) 1枚目: 直線部をことことやって来る110系。(S撮影) 2枚目: 上桑名川駅に停車。(S撮影) 3枚目: 誰も降りず、誰も乗らない。そして、静かに発車していく。 4枚目: すすきの中を走りゆく。 5枚目: 紫煙を残して…。 ...

続きを読む

火の見やぐら(576)上田市真田町傍陽

 真田町の傍陽(そえひ)地区のほぼ中心部、県道158号の傍陽郵便局の少し上にあった火の見やぐら。四脚金丸型のバルコニー付きの大型のもので、遠くからもよく見える。(2017年11月1日) 1枚目: 少し離れた傍陽小学校前の道路からの望遠で。  2枚目: 塔頂部をアップで。 3枚目: 北の横道集落へ向かう県道と火の見やぐら。この県道を登っていくとあと2本ものやぐらがあることをタカチンさまのブログで後になっ...

続きを読む

えちごツーデーパスの旅(15)駅の風景 弥彦駅(弥彦線)

 弥彦線の終着駅弥彦駅は、https://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/8185395.htmlでも撮っている。荒天の寒さに耐えきれず矢作での撮影を早めに切り上げて、再び訪れてみた。(2017年11月11日) 1枚目: 寺社建築風の弥彦駅舎。 2枚目: 駅前広場の歓迎塔。バック左手の山は弥彦神社の弥彦山。前回来た時に、駅から神社まですぐかと思って歩き出したら、ずいぶん遠かったことを思い出した。 3枚目: 改札口。この日...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。