FC2ブログ

記事一覧

2017年鉄道の思い出②

今年の鉄道の思い出の後半。 1枚目: 湘南色、スカ線色などの復刻塗装の115系が大活躍。なつかしい115系の復刻塗装でファンを集めたしなの鉄道。(11月5日) 2枚目: 秋真っ盛りの飯山線。(11月5日) 3枚目: 羽越本線のレッドサンダー貨物。越後の日本海をバックに。(11月10日) 4枚目: 今年唯一撮影した蒸機列車、SLばんえつ物語も。(11月11日) 5枚目: 三江線も来年には廃線決定…。早朝の口羽駅の風景。(11月2...

続きを読む

2017年鉄道の思い出①

 恒例の今年1年間の鉄道の思い出を。今年は北海道に続いて西日本でも消えゆくローカル線が出てきた。秋には来年3月で廃線となる三江線の乗り鉄も楽しんだ。またJRの体制下での鉄道の安全性も問われる年であった。 1枚目: 雪中の長野電鉄ゆけむり号も元気に活躍中。(1月19日) 2枚目: 毎度おなじみの飯山線キハの一人旅…。毎回立ち寄ってしまう大好きなポイント。(1月29日) 3枚目: 村山橋のソメイヨシノと長野電鉄。...

続きを読む

山陰・長崎の旅(35)小雨の津山城下散策②

 小雨の中の津山市内巡りサイクリングへ。津山城(鶴山城)は以前来たことがあったのでパス。(2017年11月29日) 1枚目: 稲荷橋、千代稲荷神社と津山城址。さすが姫路城の61棟をしのぐ77棟もの櫓を要した城だけあって、見事な規模の石垣だ。 2枚目: 津山城の復元された備中櫓と、洋風建築の森本慶三記念館。ここは日本で唯一のキリスト教の伝道図書館だそうだ。  3枚目: 街中のレンガ造りの建物。個人の所有...

続きを読む

山陰・長崎の旅(37)津山まなびの鉄道館②

  津山まなびの鉄道館に展示されていた各車両の詳細を。ここは機関庫内への立ち入りは許されておらず、写真は常にワンパターンの正面だけなのが残念…。(2017年11月29日) 1枚目: キハ33 1001とキハ181 12。  2枚目: キハ58 563とキハ28 2329とキハ52115。キハ52 115は大糸北線で最後の活躍をした車両で、四季の大糸線でよく撮らせていただいた車両だ。なつかしの再会…。  3枚目: キハ52とクリス...

続きを読む

山陰・長崎の旅(35)小雨の津山城下散策①

 小雨が降ってきたが津山駅の観光案内所で電動アシスト自転車を借りて、津山市内巡りへ。まずは旧出雲街道沿いの町家巡り。(2017年11月29日) 1枚目: 城東重要伝統的建造物群の旧出雲街道。木製はしご型の火の見やぐらのあった作州城東屋敷付近。  2枚目: 作州城東屋敷脇の路地もなかなか風情がある。右奥はだんじり展示館。  3枚目: 旧出雲街道は、城下の防衛のため鍵型になっている。 4枚目: ...

続きを読む

山陰・長崎の旅(36)津山学びの鉄道館①

  元津山機関区跡の扇形庫に「学びの鉄道館」ができて、いろいろな機関車や気動車が展示されているとのことで、津山訪問の際にレンタサイクルで立ち寄ってみた。そこには日本一周のまだ見たことのないDE50 1号機が保存されているので、一度は撮っておきたかった…。(2017年11月29日) 1枚目: ターンテーブルと後ろの現行の津山気動車区。津山駅の西南にある。  2枚目: C57 68号機の動輪越しの扇形庫。 ...

続きを読む

火の見やぐら(596)岡山県津山市作州城東屋敷

 津山市の城下町の出雲街道沿い、町家の通りに木製のはしご型の火の見やぐらがあることを知って、ぜひ行って撮ってみたいと思っていた。場所は、津山市内中之町の作州城東屋敷前の広場。(2017年11月29日) 1枚目: 作州城東屋敷の中にあった、木製はしご型の火の見やぐら。復元されたものらしいが、いつ頃、いつの姿を復元したのかはよくわからないまま…。 2枚目: 火の見やぐらのアップ。半鐘もちゃんとついている。&...

続きを読む

山陰・長崎の旅(34)津山線

 今回の旅行の最後の訪問地は岡山県の津山市。ここでは旧津山機関区を利用した津山学びの鉄道館の見学と、市内の城下町の中にある古い木製の火の見やぐらなどが見どころだ。岡山から津山への往復の津山線の車窓から。(2017年11月29日) 1枚目: 貴重になりつつある117系を山陽本線の倉敷駅で。この車両はなかなかいい車両で、黄色一色ではもったいない…。  2枚目: 入線してくる津山線のキハ。架線の有無でずいぶ...

続きを読む

火の見やぐら(595)岡山県津山線沿線

 このやぐらは、すみません…。津山線の金川駅以北の、津山へ向かって右側にあることは間違いないのだが、場所が特定できない。ミスター54cさまによって場所を特定していただきました。岡山市北区市場町建部280。確かにここのようだ。ありがとうございました。(2017年11月29日) 1枚目: 雨の天気の車窓からのためにやぐらの形態もはっきりしない。おそらく岡山県の特徴である四脚丸四型なのだろう…。 ...

続きを読む

山陰・長崎の旅(33)井笠鉄道記念館➂旧新山駅

 井笠鉄道の旧新山駅舎をほぼそのまま、井笠鉄道記念館として保存、活用している。(2017年11月29日) 1枚目: コッペルと旧新山駅舎の井笠鉄道記念館。腕木式信号機のあたりにナローの軽便レールがあったのか…。  2枚目: ホーム側。手荷物用の台秤もさりげなく…。  3枚目: 当時の発車時刻表も。結構本数が多い。中国山地のJR線の現在よりはるかに多い…。 4枚目: タブレット閉塞機もきれいな形で...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。