FC2ブログ

記事一覧

日本一周の走りぬけた名列車たち(17)気動車準急周防2号

 気動車準急周防(すおう)は、広島―小郡間のマイナーな準急だった。1961年に気動車で誕生して、1965年には下関までの電化に伴って80系電車化され、同年10月には165系化されて下関まで延長され、列車名も「やしろ」に改名されたとか。  1枚目: 山陽本線下松―光間の、当時瀬戸内海を望む風光明媚な区間を快走するキハ28系と55系の混成による準急すおう。(1964年3月)  ...

続きを読む

厳冬の道東(2)大雪の中を北海道へ

 長野を朝の北陸新幹線あさまで出かけて大宮へ。この日は日本海側の大雪の影響で下りの東北・北海道新幹線もべた遅れ。(2018年1月25日) 1枚目: 10時8分の大宮駅ホーム。はやぶさ11号で新函館北斗へ向かう予定が、1本前の新青森止まりのはやぶさ9号も1時間以上の遅れでまだ来ておらず、11号も30分以上の遅れらしい…。 2枚目: 新函館北斗到着は約1時間遅れ。接続予定の北斗13号も待っていてくれないとの話…。別会社の...

続きを読む

日本一周の走りぬけた名列車たち(16)気動車急行しらゆき

 1963年から1982年まで、金沢―青森(秋田)間に運転されたキハ58系による昼間急行。これは多層建て急行として、金沢―糸魚川間で急行白馬を、秋田―青森間で仙台行き急行あけぼの、北上を併結したことは有名。  1枚目: 北陸本線泊駅で直江津行き普通列車を追い越す下り急行しらゆき。(1964年8月13日)  2枚目: 多分これも急行しらゆきだと思われるが、ひょっとすると少し後を走る大阪→新潟の急行越後(?)かも。...

続きを読む

厳冬の道東(1)まずはの1枚

 どういうわけか、毎年冬になると信州よりもっと寒い北海道の鉄道を撮ってみたくなる…。今年は、廃線になるところはなさそうだけれども、キハ183系の北斗も最後の乗り鉄をやっておきたいなあ…と、大人の休日倶楽部パスを使って道東へ。まずはの1枚は…。(2018年1月26日) 1枚目: 厳冬の根室本線を行くキハ40の単行。音別―尺別間の尺別の丘から太平洋を俯瞰。 ...

続きを読む

日本一周の走りぬけた名列車たち(15)循環準急しろがね・こがね

 名古屋から、岐阜(高山本線)、富山(北陸本線)、米原、岐阜(東海道本線)をぐるっと回って名古屋へ戻って来る気動車の準急列車。中部地方の何と6県を回って、約10時間をかけて走り抜けた。1960年の誕生当初はキハ55系、後に58系の編成だった。先に高山線に入るものがしろがね、北陸線に回るのがこがねと命名された。  1枚目: 高山本線東八尾―八尾間の井田川鉄橋をわたる循環準急しろがね1号。2号は高山線区間を夜行...

続きを読む

日本一周の走りぬけた名列車たち(14)準急とも

 山陽本線の準急「とも」は、1963年4月から岡山―広島間に80系湘南電車で2往復運転された。「とも」とは福山の湊鞆の浦の意味だと思われる。このころといえど、80系の準急はやや見劣りしていたといわざるを得ない。1968年には(新)大阪―三原間の153系急行に名前を譲った。  1枚目: 瀬野―八本松の現国道2号線下のトンネルを出てくる80系準急「とも」。大型のヘッドマークが勇ましい。(1964年3月) ...

続きを読む

日本一周の走りぬけた名列車たち(13)寝台特急みずほ

 寝台特急みずほは、1961年10月から1994年3月まで33年間にわたって東京と九州熊本・大分間を結んだ。あさかぜ、さくら、はやぶさに続いて登場した4本目の九州寝台特急を、早朝の広島駅で捕らえた。(1964年3月) 1枚目: 早朝の広島駅に到着した東京発、熊本行きの特急みずほ。ここまでEF60 511号機の牽引だ。 2枚目: 広島駅でC62に付け替えられる。C62は6号機だった。  3枚目: 広島駅出発。C62は猛烈なドレ...

続きを読む

日本一周の走りぬけた名列車たち(12)電車特急第二つばめ

 1964年10月の東海道新幹線の大阪までの開業を控えて、山陽本線の電化も急速に西へ進んでいて、広島までの電化が完成した。東京からパーラーカーのクロ付き151系電車で運転されていた特急つばめも広島まで延長されることになった。しかし、西の箱根といわれた瀬野―八本松間の上りは22.6‰の連続勾配で、151系だけでは性能的に不安があって、補機が連結された。  1枚目: 山陽本線瀬野―八本松間の急こう配を登って来る...

続きを読む

日本一周の走りぬけた名列車たち(11)気動車特急みどり

 1961年10月から1975年3月まで、京阪神と九州を結んでいたキハ82系による昼間特急。撮影時は、大阪と博多を結んでいたが、後には新大阪発の熊本、大分へも足を延ばしたらしい。東海道・山陽新幹線ができる前の大切な優等列車だ。 1枚目: 山陽本線瀬野―八本松を補機なしで上るキハ82系の特急みどり。お顔のワイヤーはご愛敬…。(1964年3月)  ...

続きを読む

日本一周の走りぬけた名列車たち(10)九州夜行急行筑紫(つくし)

 このころの東京駅の夕方は、いろいろな方面への急行が10分おきくらいに出発していた。撮り鉄としては大変興味ある撮影ポイントだったと思われるが、そんな状況に気づかず撮っていなくて残念…。 なお、このころの列車については当時の時刻表を持っておらず、できるだけインターネットなどで調べてはいますが、乏しい記憶と断片的情報によりますので正確さには欠ける点もあるかと思いますが、悪しからずよろしくお願いし...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。