FC2ブログ

記事一覧

火の見やぐら(656)佐渡島赤泊

 これも同じく島の南東側、県道45号の赤泊集落のほぼ中心部、赤泊駐在所の横にあった四脚四無型の鉄製角パイプ型の火の見やぐら。新しいものなのだろう。(2018年6月9日)  1枚目: 寺泊行きのフェリー乗り場に近い県道沿いにあった火の見やぐら。 2枚目: 四脚の鉄製の角パイプはしご型。半鐘はついているが見張り台はない。 3枚目: 塔頂部。半鐘付きのがっちりした感じだ。おそらく自動打鍾装置がついてい...

続きを読む

佐渡島(14)大野亀

 二ッ亀と並んで佐渡島の北端にそそり立つ島と岬。大野亀はこの時期、100万本ものトビシマカンゾウの花が咲き乱れて、日本海の荒波との美しさが格別…。(2018年6月9日)  1枚目: 大野亀を南西側から見る。まさに亀さん、顔までついている…。 2枚目: 大野亀の散策路から。まさにトビシマカンゾウの真っ盛り…。 3枚目: 海に突き出した標高167mの1枚岩の岸壁、大野亀。花を愛でながらてっぺんまで登ってみたい...

続きを読む

日本一周の走りぬけた名列車たち(95)特急「タンゴディスカバリー、タンゴエクスプローラー、北近畿」

 京阪神から近畿の奥座敷である城崎、宮津、舞鶴方面へ向かう特急。複雑な運用で、歴史面も加味すると正確には理解できていないが、記録があるものについてのみ…。  1枚目: タンゴディスカバリーは京都から、舞鶴、宮津、天橋立、豊岡方面を結んでいた特急。北近畿タンゴ鉄道の網野駅で、北近畿タンゴ鉄道の特急気動車KTR8000形のタンゴディスカバリーとすれ違う普通623D。(1996年10月10日) 2枚目: 北近畿タン...

続きを読む

火の見やぐら(655)佐渡島岩首地区

 県道45号の島の南東側、岩首地区の中心部から山手へ40mほど入ったところにあった火の見やぐら。佐渡島ではじめての火の見やぐららしい火の見やぐらで、三脚三四型。(2018年6月9日)  1枚目: 三脚三四型の珍しい火の見やぐら。どうして見張り台だけが四角なんだろう…。遠くに日本海が見える。 2枚目: 縦位置で。 3枚目: ホースが乾燥されている。(S撮影) 4枚目: やぐらの30mほど山側に入ったところに...

続きを読む

佐渡島(13)外海府

 外海府(そとかいふ)。佐渡島の北西側、遠くにロシアを望む(ちょっとオーバーかな?) 海岸は奇岩奇石の連続と荒海…。(2018年6月9日)  1枚目: 平根崎の波蝕甌穴群。石ころが波で洗われて転がって、岩に丸い穴ができる…。もう少し下まで降りてみるべきだったが…。 2枚目: 海鳥の岩礁。(S撮影) 3枚目: 岩礁とカンゾウ。(S撮影) 4枚目: 佐渡島の地質的由来の案内板。(S撮影) 5枚目: ハマヒルガオだ...

続きを読む

火の見やぐら(654)佐渡島小野見北

 新潟県道45号佐渡一周道路の西北部、小野見地区の道路沿いにあった火の見やぐら。小野見北のバス停の前にあった三脚ハシゴ型の木製の火の見やぐら。木製の火の見やぐらは、そんなに多くはない。(2018年6月9日)  1枚目: 半鐘がついていないので、見落としてしまいそうな火の見やぐら。丸太3本を組み合わせて、はしご型としてのもの。 2枚目: 県道の反対側に器具庫があった。相川消防団第4分団11部の器具庫と、...

続きを読む

佐渡島(12)尖閣湾

 尖閣湾。佐渡島の日本海側の奇岩奇石の連なる海岸線の中心。ここは、尖閣湾揚島遊園(せんかくわんあげしまゆうえん)として一企業の私有地となっていて、入場にお金がかかるところだ。ケチな日本一周は普通はこの手の観光地には入らないが、今回だけは立ち寄ってみた。(2018年6月9日)  1枚目: 揚島遊園から見下ろす尖閣湾。遊覧船が待機している。 2枚目: カモメかウミネコがいっぱい。冬は荒波が打ち寄せると...

続きを読む

日本一周の走りぬけた名列車たち(94)特急「加越」

 「加越」の名の優等列車は、最初1963年に登場した高山本線経由の初めての急行列車で、名古屋―岐阜―金沢間を結んだキハ58+28の急行列車。1975年に北陸本線周りに変更されて、米原駅での新幹線接続による東京から北陸の最短列車として、米原―富山or金沢の特急列車として485系の7両編成で運転された。2003年に683系の導入によって、特急「しらさぎ」に編入されて消滅した。  1枚目: 米原駅で新幹線の接続をとって出発...

続きを読む

大望峠

 大きな望みの峠…。いい名前だ。命名のいきさつはよくわからないが、長野市の北西部、戸隠地区と鬼無里地区を結ぶ県道36号の間くらいにある峠。峠の部分はちょっとしたバイパスになっているが、旧道に入るとすぐに峠の展望台があって、そこからの鬼無里、北アルプス方面の眺望は最高だ。(2018年5月29日)  1枚目: 伝説の谷大望峠の標識がある。鬼無里伝説の里を見下ろす1055mの峠。左のとんがった山は、これも伝説で...

続きを読む

佐渡島(11)廃墟のホテル

佐渡島での宿は、相川町のはずれの春日崎の丘の上にあったホテル大佐渡。見晴らしの良い7階の1クラス上の大きな部屋にグレードアップしてくれて、眺めは抜群…のはず。(2018年6月8, 9日)  1枚目: ホテルの窓から見た夕陽の日本海。この日は、真っ赤な夕日は見られなかった…。 2枚目: 翌朝はどうも雨模様…。佐渡島の山も雨雲に覆われている。 3枚目: ホテルの窓下にあった廃墟ホテル。観光立国の佐渡島でも観光...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。