FC2ブログ

記事一覧

日本一周の走り抜けた名列車たち(185)叡山電鉄「きらら」

 叡山電鉄は、京都三条の出町柳と鞍馬・八瀬比叡山口を結ぶ私鉄。デオ900系は「紅葉を見るために乗りに来ていただく電車」とのコンセプトで、外観、内装ともにコーディネートされている電車。2編成が製造され、活躍中。  1枚目: 叡山電鉄のデオ900系「きらら」を対向列車の後部から。写真は、トップナンバーだ。(2004年10月30日) (345) ...

続きを読む

日本一周の走り抜けた名列車たち(184)「京阪の準急」

 大阪の私鉄は不勉強でほとんどわからない…。京阪電車には特急専用車として8000系、3000系があるらしいが、ここでやってきたのは通勤型の2200系の準急。  1枚目: おそらく門真市駅の通過線を突っ走る2200系の淀屋橋行き準急。旧塗装のこの配色は京阪らしくて好きなのだが…。(2004年10月29日) ...

続きを読む

日本一周の走り抜けた名列車たち(186)「九州横断特急」

キハ185系特急用気動車による「九州横断特急」。現在は地震災害で豊肥本線阿蘇―別府間の運行となっているが、本来は熊本―別府間を結ぶ特急列車。撮影のころは、さらに人吉―八代―熊本―別府を結ぶ特急だった。豊肥本線の優等列車は、準急「火の山」、そして急行「ひかり」、特急「あそ」を経て現在に至る。「ひかり」はローカル急行から一気に東海道新幹線に昇進した名称だ。  1枚目: 豊肥本線水前寺駅に入るキハ185系「九...

続きを読む

日本一周の走り抜けた名列車たち(183)長野新幹線「あさま」

長野新幹線「あさま」号は、東京―長野間の区間列車。長野冬季オリンピック行われた1998年に長野までの部分開業したころのE2系と、2015年の金沢開業を機に登場したE7(JR東日本), W7系(JR西日本)を。  1枚目: E2系時代の「あさま」を東京駅で。N3編成か。(2005年4月)  2枚目: 安中榛名駅付近にて、E2系のポケモンラッピング車。ちょっと止まっていないが、貴重な走行風景を。(2009年7月29日)  3枚目: ...

続きを読む

日本一周の走り抜けた名列車たち(182)「スーパーとかち」「とかち」追補

 北海道石勝線の「スーパーとかち」「とかち」もhttps://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/15584687.htmlで紹介したが、「とかち」の追補。「おおぞら」が釧路まで行くのに対して、「とかち」は帯広止まりの特急だ。  1枚目: 出張で訪れた芽室駅で183系500番台の「とかち」。(2002年10月3日)  2枚目: 高架になった帯広駅での「とかち」8号。(2002年10月3日)  3枚目: 「とかち」号に組み込まれて...

続きを読む

日本一周の走り抜けた名列車たち(181)「しおかぜ」追補

 JR四国、予讃線の特急「しおかぜ」を。新幹線接続の岡山発、松山行きの特急電車だ。「しおかぜ」は、https://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/15458152.htmlでも南風と一緒に紹介したが、さらに写真が出てきたので追補したい。現在は円形正面の8600形電車も入っているが、まだ撮れていない。  1枚目: 岡山発、松山行きの「しおかぜ」3号と、「しおかぜ」16号を松山駅で。8000形の電車だ。(2004年6月12日) &nb...

続きを読む

日本一周の走り抜けた名列車たち(180)「リゾート21」

伊豆急行線と伊東線を直通する「リゾート21」。伊豆急の2100系で運転されている。一時、リゾート踊り子として不定期に東京駅まで乗り入れていたこともあったが、現在は老朽化のため数を減らしていて、熱海―伊豆急下田の普通に使われている。  1枚目: 伊豆急線の終点伊豆急下田駅で並ぶ2100系「リゾート21」の2編成。車止め部のカエルのモニュメントは何なのだろうか…。(2004年3月)  2枚目: 伊豆急下田駅の改札...

続きを読む

日本一周の走り抜けた名列車たち(179)「ホリデー快速鎌倉」

 1990年から2013年まで山スカ色115系で運転された「ホリデー快速鎌倉」号。115系のあとは185系、E257系で運転された。基本、通年の土、日曜日などに、大宮発で武蔵野貨物線経由で横浜、鎌倉までを走るもの。全国鉄道全線踏破を目指していた日本一周は、貨物線たりとも旅客列車が走って入れば乗っておかなければ…との思いから、とある休日に早朝の電車で大宮まで行って乗車した。(2005年3月12日)  1枚目: 大宮駅の3...

続きを読む

日本一周の走り抜けた名列車たち(178)「中央特快」

 おなじみ、中央線の通勤用の特別快速「中央特快」と「青梅特快」。JRでは特快と呼び、京急では快特と呼ぶ。いずれも快速の一つ上の速達電車。JR東海や西日本などにも新快速と称する速達列車があるが、やはり特快や快特のほうが速そう…。通常の電車に、特快のヘッドマークを付けて快走している。撮影したものは201系時代の中央特快。特別快速の元祖だ。  1枚目: 飯田橋駅を通過する中央特快。飯田橋駅はカーブした...

続きを読む

日本一周の走り抜けた名列車たち(177)特急「ふじかわ」

身延線の静岡―富士―甲府を結ぶ特急「ふじかわ」。80系の準急時代、165系の急行時代を経て、1995年からJR東海の373系を用いた特急となった。  1枚目: 東海道線を富士駅に入るキハ373系特急「ワイドビューふじかわ」。(2004年3月) 2枚目: 途中駅ですれ違う。(2004年3月)  3枚目: 信号ボックスがちょっと目障りだが…。(2012年8月3日)  4枚目: 芝川―稲子間での「ワイドビューふじかわ」3号。(2012...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。