FC2ブログ

記事一覧

ノルウェーオーロラ追跡の旅(1)

美しいオーロラを求めて、ノルウェーの旅10日間のツアーに参加してきた。このツアーは、ノルウェーの最北端のロシアに近い街キルケネスから北海急行船フッティ・ルーテンのクルーズ船で、ベルゲンまで5泊6日で南下しながら船旅を楽しむというもの。さて、どんな旅になったのだろうか…。(2018年11月)  1枚目: こんなオーロラを期待していったのだけれども…。オーロラ写真集から。 2枚目: 北海急行船フッティ・ルーテ...

続きを読む

火の見やぐら(682)岩手県岩泉町二升石

岩泉町から国道455号線を盛岡方面に進むと二升石という集落がある。ここには旧岩泉線にも同じ名前の駅があった。国道にかかる旧岩泉線の鉄橋の先にあった火の見やぐら。(2018年10月27日)  1枚目: 四脚無四型の火の見やぐらで、詰所には岩泉町消防団第1分団第3部1班と書かれている。 2枚目: 見張り台には屋根がなく、スピーカーが6本もついている。半鐘は見張り台の下についている。 3枚目: 後に旧岩泉線の廃鉄...

続きを読む

北みちのくドライブ(45)旧岩泉線廃線跡

国道340号線を岩泉から茂市まで走りつつ、廃線となった岩泉線の遺構を探してみた。いろいろな形状の多くの橋梁と、一部のレールは今でも残っていた。おもしろそうな所は何か所かあったが、雨がひどく車から遠くに離れるのは諦めた。岩泉線は2回ほど乗ることはできたが、撮り鉄はできないまま、廃線となってしまった。 (2018年10月27日)  1枚目: 旧岩泉線の浅内―岩手大川間の川代地区の、農家のはざかけと残る岩泉線...

続きを読む

火の見やぐら(681)岩手県岩泉町志田

龍泉洞から岩泉の町に降りてくる途中、国道455号線に出る交差点の直前にあった火の見やぐら。(2018年10月26日)  1枚目: 四脚四四型の、屋根が小さめの細長い火の見やぐら。この坂を下りると国道だ。 2枚目: 半鐘は、見張り台の少し下の位置に下がっていた。 ...

続きを読む

北みちのくドライブ(44)浅内駅跡(岩泉線)

廃線となった岩泉線の浅内駅。一時岩泉線の終点でもあったこの駅には、コンクリート製の給水タンクも残っていた…。 岩泉線はそもそも沿線で採れる耐火粘土の搬出のために作られた線で、貨物と旅客の混合列車は宮古機関区のC58が使用され、宮古からこの駅までは運転されていたらしい。(2018年10月27日)  1枚目: 雨にけぶる旧浅内駅舎。駐泊所を兼ねていたのだろうか、ローカル線としてはかなり大きな駅舎だ。 2...

続きを読む

北みちのくドライブ(43)岩泉駅(旧岩泉線)

JR東日本の岩泉線は、山田線の茂市駅から岩泉までのローカル線。2010年に発生した土砂崩れによる脱線事故から、復旧されないまま2014年に廃止された。乗り鉄時の記録は、https://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/7986090.html(2018年10月27日)  1枚目: 事故前の2008年に改築された駅舎。町の商工会と観光協会と共用のために、大きくて立派な駅舎だ。 2枚目: 旧駅前広場はガラ―ンとしていた。(S撮影) ...

続きを読む

北みちのくドライブ(42)龍泉洞観光

三陸海岸北山崎の後は有名観光地龍泉洞へ。山口県の秋芳洞と並ぶ大鍾乳洞だが、中まで入ったのは初めて。聞きしに勝る光景だったが、案内書のような写真はうまく撮れない…。(2018年10月27日)  1枚目: 月宮殿にて。LEDを使った人工照明で、肉眼ではこのように青くは見えないのだが、ストロボを使わないと青くなる。 2枚目: 水深30メートル以上の地底湖を。地底湖を上から眺める…。 3枚目: 洞窟内の急な階段を登...

続きを読む

北みちのくドライブ(41)三陸海岸北山崎

三陸海岸も観光地として魅力あるところ。昨日の宿泊は田野畑のホテル羅賀荘だったので、翌日の朝一に北山崎展望台に回ってみた。(2018年10月27日)  1枚目: 田野畑村の羅賀海岸にあるホテル羅賀荘の窓から。このホテルも東日本大震災では下層階が大きな津波被害を受けたが、再建。営業している。 2枚目: 朝食後、車で15分程度の三陸海岸の北山崎展望台へ。リアス式海岸の代表ともいえる北山崎の一番有名なポイントで...

続きを読む

北みちのくドライブ(40)八戸線宿戸―陸中八木

宿戸も、岩手県では八戸などと同じく「しゅくのへ」と読む。陸中八木駅の南側で太平洋を俯瞰するキハ40系の八戸線は、https://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/12850423.html で紹介した。今回は少し北にある宿戸―陸中八木間の海岸端から。(2018年10月26日)  1枚目: 岬を回って八戸行きの446Dがやってきた。 2枚目: ちょっとだけ夕陽を浴びたE130系。 3枚目: 目の前を通過。 4枚目: 鉄橋を通過。 5...

続きを読む

北みちのくドライブ(39)八戸線陸奥白浜にて

八戸線の陸奥白浜―鮫間。学生時代、この先の種差海岸―陸奥白浜間を歩いて、その素敵な風景に魅了されたところ。半世紀以上ぶりの訪問となったが、車両を除いてあまり大きくは変わっていないようだ…。当時は旅客はキハ10系、貨物はC58の牽引だったのだが…。https://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/6699706.html(2018年10月26日)  1枚目: 上りの442D列車が岬の松林のすすきの中からやってきた。キハE-130系の2連。 2...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。