FC2ブログ

記事一覧

2019年鉄道の想い出(2)

2019年鉄道の想い出の続き。来年は、地元しなの鉄道の115系の順次置き換えが決定しているようなので、いろんな場所でいろんな色のをしっかり撮ってみたい。来年も元気で、いい年になりますように…。1枚目: 磐越西線を行くキハ110系。自然の中の110系も十分に美しい。(5月11日)2枚目: 箱庭のように美しい集落を走る只見線。(5月9日)3枚目: 白馬雪渓の雪解け水を集めて流れる松川。大糸線。(6月13日)4枚目: 小熊山からの木崎湖と大糸...

続きを読む

2019年鉄道の想い出(1)

2019年の鉄道や旅行の想い出から。わが地域の鉄道には今年大きな変化はなかったが、ワイン用ぶどうの栽培管理の多忙から生育期の長期な旅行にはなかなか出かけられない1年だった…。1枚目: 雨雪の善光寺初参り。非鉄…。(1月9日)2枚目: しなの鉄道の115系と妙高山。黒姫―古間間。(2月5日)3枚目: コカ・コーラ色をまとったしなの鉄道の115系が古間の雪原を行く。(2月5日)4枚目: 知床羅臼の魚をくわえたオオワシも。オホーツクの流氷ツ...

続きを読む

北関東ドライブ(30)群馬県嬬恋村の畑

群馬県の西のはずれにある嬬恋村。3方向を浅間山、四阿山、草津白根山の山々に囲まれた高原野菜の大産地で、とても美しいところ。 (2019年12月3日)1枚目: 菅平高原の裏側、四阿山(あずまやま)のすそ野に広がる広大な高原はキャベツやレタスの夏野菜の大産地、嬬恋村。この季節は作物が植えられていないが、雲の影が素敵だ。2枚目: 草津白根、万座方面の山々。3枚目: 火山灰による真っ黒な土と、夏野菜の段々畑。心休まる景色だ。4...

続きを読む

北関東ドライブ(29)八ッ場ダムの今

吾妻線の川原湯温泉付近に建設中の八ッ場ダム。政治に翻弄されたその建設過程は有名な話だが、吾妻線の一部も水没のため線路を付け替えた。旧線の最後のころには何度か撮影に出かけた。https://nihonisshyu.blog.fc2.com/blog-entry-4357.html など多数。あれから5年。そろそろ水が入ったかなと出かけてみた。 (2019年12月3日)1枚目: やんば見放台という展望台からダムサイトを望む。ダムの完成はまだのようだが、高さ的にはほぼ...

続きを読む

北関東ドライブ(28)榛名山と榛名湖

伊香保温泉宿泊の翌日は榛名山のドライブウェイへ。榛名山頂上付近の榛名湖は、榛名山のカルデラ内にあって火山活動でできた湖。 (2019年12月3日)1枚目: 途中の高根展望台からの伊香保温泉と赤城山。すばらしい眺めだ。2枚目: 真っ青な榛名湖と榛名山。榛名山にはロープウェイがかかっているが、頂上付近は風が強く寒そうなのでパス。(S撮影)3枚目: 本当に青い湖だ。空の色を映しているのだろう…。4枚目: 烏帽子が岳と髭櫛山か。5...

続きを読む

北関東ドライブ(27)伊香保温泉のチンチン電車

伊香保温泉に電車が走っていたことを実は知らなかった。調べてみると東武鉄道の伊香保軌道線とのことで、渋川駅と伊香保温泉を結ぶ温泉電車だった。明治時代に馬車鉄道として開業し、その後東京電灯の経営を経て昭和2年に東武鉄道となって、1956年に廃止された。他に前橋駅前―渋川駅前の前橋線、高崎駅前―渋川新町間の高崎線と3系統の路線があったという。上越線が全通したのはそんなに古くなく戦争直前のことなので、群馬県では重...

続きを読む

北関東ドライブ(26)伊香保温泉の石段温泉街

伊香保温泉といえばやはり石段のある温泉街。朝食前のひと時に石段を散策してみた。 (2019年12月3日)1枚目: 今回は横手館が石段の上だったので、楽に下りで散策開始。2枚目: おなじみの見上げた感じの伊香保温泉の石段。射的屋さんの看板も見られ、昔の温泉街みたい…。3枚目: 朝の温泉街はほとんどお客さんがいなくて静かで悪くない。4枚目: 風情ある石段。5枚目: 石段の向こうに見えるは上州の子持山か。6枚目: 石段の途中、石段...

続きを読む

北関東ドライブ(25)伊香保温泉横手館

伊香保温泉は群馬県を代表する温泉地だが、温泉街の石段が風情があって有名。数ある旅館の中で木造4階建ての横手館に一夜の宿を取った。 (2019年12月2日)1枚目: 伊香保温泉の横手館は、木造4階建ての素敵な建物だ。2枚目: 細い温泉街の道に立つ木造4階建ての建物。奥の4階建ての旧館と手前の西館。迷わず大正ロマンの旧館の部屋を予約。3枚目: 旧館3階の角部屋に泊めていただいた。4枚目: 夜の和室の外側にある廊下(?)。まさに大正...

続きを読む

火の見やぐら(380)前橋市宮城支所南

上神梅より県道333号に入って、ナビ頼りに大胡駅まで走る。途中、前橋市の宮城支所の南100メートルくらいの県道333号の三叉路にあった火の見やぐら。三脚無三型で、詰所には前橋市消防団第17分団1部とあった。(2019年12月2日)1枚目: 夕陽に浮かび立つ火の見やぐらは、三脚無三型。半鐘はないようだ。2枚目: 半鐘はないが、ホースフック、サイレンなど一通りのものはそろっている。火の見やぐらとしての機能は終えているが、消防団...

続きを読む

北関東ドライブ(24)上毛電鉄大胡列車区

上毛電鉄の大胡駅に併設されている大胡列車区には、古い旧型の茶色電車デハ100がいるはずと立ち寄ってみた。(2019年12月2日)1枚目: 大胡区で憩うデハ101と716。デハ101はすでに90年の車歴のある現役の電車。残念ながら庫の中で、敷地外からは半分だけしか見えなかった。2枚目: デハ713はオレンジ色。デハ700系は元京王井の頭線で活躍した車両で、正面のFRP部分がいろいろな色になっている。3枚目: 青の712はラッピングされている。...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。