FC2ブログ

記事一覧

駅の風景(504)補ホーム上屋柱

ホーム上屋の柱については駅の風景(428)ホーム上屋の柱 - 風、土、植物とレイル (fc2.com)で報告した。今回追加分の3駅をアップ。1枚目: 阪和線天王寺駅の7番ホームの各駅停車日根野行き。このころはアングル製の柱が時代を感じさせる。(2012年2月1日)2枚目: 九州は三角線の三角駅。古レール2本を使った柱は美しい。(2014年4月18日)3枚目: 天竜浜名湖鉄道金指駅のホーム。(2001年1月21日)...

続きを読む

駅の風景(503)補車止め

終着駅には必須の車止め。本線の終端部の車止めはその形態にかかわらずにそれなりの風情がある。1枚目: 高知県は土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の終点奈半利駅の本線車止め。この駅は高架になっていて、線路はここでぷつんと切れる格好。(2004年6月13日)2枚目: 名松線の現在の終点伊勢奥津駅の車止め。この線は名前の通り松阪と名張を結ぶ計画だったらしい…。(2002年12月13日)3枚目: 近鉄の田原本線の終点西田原本駅の車止め。(...

続きを読む

駅の風景(502)補スノーシェード

駅の風景シリーズでは過去に3回スノーシェードを取り上げた。それ以降に目新しい写真が出てきたので改めて取り上げる。駅の風景(414)スノーシェード① - 風、土、植物とレイル (fc2.com)駅の風景(415)スノーシェード② - 風、土、植物とレイル (fc2.com)駅の風景(416)スノーシェード➂ - 風、土、植物とレイル (fc2.com)1枚目: 飯山線の上桑名川―桑名川間。ポイントなどはなくて、雪がたまりやすい切通しに設けられた円形のスノーシェ...

続きを読む

奥信濃の早春⑯蓮駅②

本日の撮影記の最後は飯山線の蓮駅(はちすえき)へ立ち寄る。(2021年3月8日)1枚目: 蓮駅で停車中の長野行き138Dのキハ110系。2枚目: 線路周りには雪除けのシートも。3枚目: 発車していくキハ110系。4枚目: 駅のすぐ横にある永国寺(ようこくじ)。奥信濃の雪国のお寺のたたずまいはすてきだ。...

続きを読む

奥信濃の早春⑮蓮駅

長野へ向かって、再び飯山市を通り過ぎて蓮駅(はちすえき)へ。(2021年3月8日)1枚目: 時刻を見落としていた139D越後川口行きを蓮駅のホームでやり過ごす。(S撮影)2枚目: Sカーブの先にやってきた138Dの長野行き。3枚目: 今までSカーブではその真ん中に車両を置くとよい結果が得られなかったことが多かったが…。4枚目: いい感じ…。...

続きを読む

奥信濃の早春⑭上桑名川―上滝の大俯瞰②

飯山線で最高の名場面、上桑名川―上滝の大俯瞰ポイントの続き。キハ110系の色彩は地味で、今日は天気も悪く陽が射していないので雪原での写りは良くないが…。(2021年3月8日)1枚目: 岬の先端部を曲がりこんで…。2枚目:3枚目: 県道の踏切を越えて。4枚目: 千曲川の向こうを走る。5枚目: 遠くの茶色の建物あたりにキハがいるのだが…。6枚目: 雪の中に入るとキハ110系でも映える。...

続きを読む

奥信濃の早春⑬上桑名川―上滝の大俯瞰①

飯山線で最高の名場面、上桑名川―上滝の大俯瞰ポイント今日は天気が悪く陽が射していないので雪原での写りは良くないかも…。(2021年3月8日)1枚目: 列車はいないが、曲がりくねった千曲川の雄大な光景。2枚目: 千曲川に張り付いたスノーシェードへやってきた186D。3枚目: 雪原にへやってきた186D。4枚目: 5枚目: 6枚目:...

続きを読む

奥信濃の早春⑫平滝

県境の森宮野原に近い平滝駅は、スノーシェードに挟まれた1面1線の棒線駅。駅舎は新しいものに建て替えられている。(2021年3月8日)1枚目: スノーシェードを抜けて信越トレイルへ通じる県道の道路橋を越えて、平滝駅に向かって進む135D。(S撮影)2枚目: 平滝駅の向こうにも円形のスノーシェ―ドが見える。3枚目: 棒線駅の平滝駅に停車する135D。(S撮影)4枚目: 平滝駅を発車。...

続きを読む

奥信濃の早春⑪津南駅

津南駅は1968年までは越後外丸駅(えちごとまる駅)だったが、町名に合わせて改名。また駅前の温泉施設との合築による大型の駅舎。(2021年3月8日)1枚目: 越後田中方面。駅の裏山では底雪崩の起こりやすい状況か。2枚目: 停車中のキハ110系。奥には除雪機械の車庫が。3枚目: 越後鹿渡方面。除雪機械の格納庫への線路の除雪は完璧…。4枚目: 積雪の中、越後鹿渡方面へ走りゆく。5枚目: 津南駅の駅名標。...

続きを読む

奥信濃の早春⑩越後鹿渡の信濃川橋梁②

家内はちょっとだけ場所を変えて、少し低いところから136Dを。(すべてS撮影 2021年3月8日)1枚目: 橋梁の形は入らないが、遠方のカットはこちらのほうがいいか。2枚目: 橋梁と築堤部のつなぎの線路の形がちょっと心配だが…。3枚目::4枚目: 信濃川の右岸から合流する清津川。この上流にあるホテルにはフォトジェニックなカットで有名になった清津峡渓谷トンネルがある。5枚目: キハ110系の2連もなかなか美しい…。...

続きを読む

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。
ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。