FC2ブログ

記事一覧

日本一周の駆け抜けた名列車たち(398)大井川鉄道「井川線」



SL列車で人気の大井川鉄道の奥のほう、千頭駅から井川駅まで井川線と称する観光トロッコ列車が走っている。
ここは井川ダムの建設に使われた工事用鉄道を改装したもので、途中アプトいちしろ駅ー長島ダム駅間は長島ダムによる線路付け替えで90‰もの急こう配のため現行では日本で唯一のアプト式となっている。
この区間だけは電化されていて、電気機関車による押上げだ。
(2018年5月7日)


1枚目: 一回り大きい電気機関車ED90を麓側に連結して長島ダムの急こう配を登る。
DSC_0918 (2)m2001

2枚目: 落石防止のシェードを抜ける。
井川行きは全線推進運転のため、客車の先頭部のクハ600にも運転台やヘッドライトがある。
DSC_0923m2001.jpg

3枚目: トロッコ客車と全線を往復するディーゼル機関車DD20と比べて、ずいぶん大型の電気機関車だ。
DSC_0930m2001.jpg

4枚目: 電気機関車を外して、奥大井湖上駅―接阻峡温泉駅間をゆっくり通過する。
DSC_0946m2001.jpg


鉄道コム

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。