FC2ブログ

記事一覧

海辺を走る(93)伊東線と相模灘(伊豆多賀にて)


伊東線は、熱海から伊東までの16,9kmでその先は伊豆急行へとつながる。
ここ伊豆多賀は来宮の隣の駅で伊豆半島の入り口だが、別荘がたくさんあるリゾート地だ。


1枚目: 来宮―伊豆多賀間で、初島を望む伊東線。
電車は元JR113または115系の赤い伊豆急の200系だ。
(2005年3月12日34)
2005_03120034 (2)

2枚目: 青い200系。
(2005年3月12日33)
2005_03120033.jpg

3枚目: タイプⅡの青い200系。トランバガテル編成というらしい。
(2005年3月12日48)
2005_03120048.jpg

4枚目: 伊豆多賀駅は丘の上にあって、階段で駅舎に着く。
(2013年5月23日497)
img497.jpg

5枚目: 下り線ホーム。
避寒地らしい落ち着いたたたずまいだ。
(2013年5月23日498)
img498.jpg

6枚目: 改札口をアップすると額縁の中に相模灘が見える。
(2013年5月23日499)
img499.jpg


鉄道コム

スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。
この113系流れの伊豆急って、しばらく頑張ってくれると思ったのですが、すぐにいなくなってしまったんですよね。
 現役時代のこの写真、貴重な記録いいものを見せていただきました。

朝霧高原さま

そうですよね。
伊豆急は印象的にはアッという間に味もそっけもない東急に変わっってしまいました…。
最後まで残りそうなしなの鉄道でも数年以内に新車に変わるとのことですので、早く撮っておきたいとは思っているのですが…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。

ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。