FC2ブログ

記事一覧

駅の風景(429)カーブ半径、その他の小物標識



線路際にあるその他のいろいろな標識類の一部を。


1枚目: 日田英彦山線の添田駅。
距離標のすぐ後ろの1000と書いてあるのとか、右端の200と書かれているものがカーブの半径表示標識。メートル単位。
(2010年3月31日)
DSC_0044 (3)m201122

2枚目: カントなどの標識は三角柱。
Cはカント、Sはスラック、TLCは緩和曲線の長さ、CLは円曲線長さを表示しているらしい。
カントとはカーブで遠心力を相殺するために内側に倒す傾き。スラックはカーブで軌間を広げた寸法。
鶴見線国道―鶴見小野間。
img603 (3)

3枚目: 近鉄内部線(現四日市あすなろう鉄道)の内部駅にて。
(2005年4月7日)
2005_0407画像0146 (2)

4枚目: キハのすぐ左、70と35の標識は制限速度のもの。
上段の70はスイッチバツクを通過して直進する場合の70km/hr以下。下段の左隅に黒く塗られているものはこの先左の引き上げ線に入る場合は35km/hr以下。
土讃本線新改駅。
(2013年2月26日)
DSC_0172m20122.jpg

5枚目: 分岐部の接触防止標識。新改駅。
停止するときはこの標識より外側でないと接触の恐れあり…。
模型でよくやる事故だ。
(2013年2月26日)
DSC_0169m20122.jpg

6枚目: ここは予讃本線の有名駅下灘駅。
ホームは現在1面1線の棒線駅だが、線路左側に正方形の2, 6, ×などの数字が入っている標識は編成量数に応じた列車の停車位置。
(2013年2月28日)
DSC_0401m20122.jpg

7枚目: ここは雪国、越後の磐越西線馬下(まおろし)駅。
停車位置の3両の標識の横に雪のマークがある。除雪車の停車位置なのだろうか…。
(2010年8月2日)
DSC_0410m20122.jpg


鉄道コム

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。
ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。