FC2ブログ

記事一覧

駅の風景(498)ホーム擁壁①



ホームの擁壁としてはいろいろな形のものがある。
もちろん歴史的にもコスト的にも材料的にも、いろいろな変化があって当然であるのだが…。


1枚目: 上越線越後川口駅の上り線ホーム。
何度にもわたってホームが延長されたのであろう。擁壁も3種に亘っている。
(1965年8月)
img269at.jpg

2枚目: 初期の名鉄パノラマカーが通過していく名電山中駅。
コンクリート製の柱とコンクリート製の板による擁壁だ。
(1968年11月3日)
img431at.jpg

3枚目: 1面1線の飯田線柿平駅を通過する165系の急行伊那路。
擁壁は石をコンクリートで固めたものだ。
(1974年10月)
img041.jpg

4枚目: 中央本線新府駅。
上りホームの足は貧弱なもので、ホーム面も凸凹…。
(年1月)
img343.jpg

5枚目: 名鉄常滑線旧太田川駅。
名電山中駅と同じコンクリート製の柱とコンクリート製の板による擁壁だ。
(2005年4月7日)
2005_0407画像0086

6枚目: 函館駅の寝台特急日本海のホーム。
鉄の柱で張り出した形のホームだ。
(1993年8月9日)
img201aat.jpg


鉄道コム

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鉄道日本一周

Author:鉄道日本一周
鉄道、火の見やぐら、棚田などの、日本のロマン豊かな風景の写真を撮るために、老骨にむち打ち駆け回っています。
ワインを飲むのも好き。
Uターンした長野県の高山村でワインぶどうを植えて、自分たちのワインも作っています。